Vuzix「M300スマートグラス」、遠隔作業支援システム「VistaFinder Mx」に対応

LINEで送る
Pocket


Vuzix Corporationは、M300スマートグラスが、KDDI総合研究所が開発提供する遠隔作業支援用ソフトウェア「VistaFinder Mx」に対応すると発表した。8月1日より、「VistaFinder Mx」のオプション機能として提供開始される。

 
「VistaFinder Mx」は、スマートフォンやタブレット、モバイルPC、スマートグラスなどで撮影した現場の映像を、あらゆるネットワーク回線を使い、安全かつ高品質に生中継を行える遠隔作業支援システムだ。ウェアラブル端末によるハンズフリー伝送、ARによる直感的な作業指示など多彩な機能を有している。

 

8月1日より、同システムがオプション機能として、M300スマートグラス上で動作するようになる。M300スマートグラスは、防滴・防塵、バッテリのホットスワップに対応しており、旧モデル「M100」から見易さやかけ心地が改善され、より現場作業に適したモデルだ。現場の様子を指示者に生中継し、スムーズなやりとりを行いながら的確に作業を進めるといったことが可能となる。

 
M300スマートグラスは、先日PCの画面のミラーリング表示が可能となる「iDisplay」対応を発表したばかり(関連記事)。今後も便利に進化していくM300スマートグラスに注目だ。

 
●VistaFinder Mx M300スマートグラス対応オプション機能
・提供開始日:8月1日
・価格:要問い合わせ(問い合わせ先:sales@kddi-research.jp
・対応機種:M300スマートグラス

 
●関連リンク
M300スマートグラス 製品紹介ページ
VistaFinder Mx 製品紹介ページ

LINEで送る
Pocket