JTA、11月就航予定のボーイング737-800型 特別仕様の「新ジンベエジェット」でVRサービスを開始

LINEで送る
Pocket

日本トランスオーシャン航空(JTA)は11月に、ボーイング737-800型機の特別デザインとなる「ジンベエジェット」を導入し、機内Wi-Fiを用いたVRサービスを開始する。

ジンベエジェットは、JTAの創立45周年と沖縄美ら海水族館の開館10周年を記念したコラボレーションで生まれた機体で、2012年12月から運航を開始している。現在のジンベエジェットはボーイング 737-400型で、今年11月に737-800型の「新ジンベエジェット」が誕生するという形だ。

ジンベエザメのイラストで彩られたジンベエジェット。

同社では機材更新を順次進めており、2018年内にボーイング737-800型機が合計12機就航する予定。そのうちの2機がジンベエジェットとなり、11月以降にVRサービスを展開する。

VRコンテンツについては、機内で無料配布する簡易型VRゴーグルに自身のスマートフォンを装着し、機内Wi-FiサービスでVRコンテンツを視聴する。なお、VR視聴にアプリケーションは必要なく、カナダのDiplloid社が開発したブラウザーベースで視聴可能なビューアを採用しているのが特徴だ。コンテンツはオーストラリアのRotor Studio社が制作している。

 

ボーイングジャパン公式TwitterはジンベエジェットおよびVRサービス展開のアナウンスを行った。

なお、JTAでは既にボーイング737-800型機が4機就航し、運用されている。今回まず最初にジンベエジェットとなるのは5号機だ。

同社では6月15日から同機内でのWi-Fiサービスを順次開始しており、JAL国内線同様に無期限かつ完全無料でインターネットを利用できる。ビデオプログラムも提供している。

ビデオプログラムについてはJAL国内線に準じており、詳細はJALの該当ページにて確認できる。

 
●関連リンク
日本トランスオーシャン航空
ボーイング

 

お詫びと訂正:初出の記事にてインターネットの無料サービスを8月31日までとしておりましたが、今年6月にはJALグループ国内線において今後も継続して無料とする「ずっとWi-Fi無料宣言!」が行われており、正しくは無期限かつ完全無料となります。訂正するとともに、読者ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

 

LINEで送る
Pocket