多様な環境でVR空間を制作・配信できるプラットフォーム「STYLY」パブリックβ版リリース

LINEで送る
Pocket


Psychic VR Labは、クラウド上でVR空間を作って配信できるプラットフォーム「STYLY」のパブリックβ版をリリースした。すべての機能が無料で利用できる。

 

「STYLY」は、ウェブブラウザのみで動作するVR制作・配信クラウドサービスだ。Mac/Windowsに対応し、VR非対応パソコンでも動作する。「STYLY」で制作・配信した作品をVRで閲覧するアプリケーションの配信もHTC VIVE版を皮切りに、今後Oculus Rift版、Daydream版、Gear VR版などのさまざまなデバイス向けに配信を予定している。

 

 
これまで同社は、伊勢丹やPARCOなどで数多くのVR施策展示を行っているが、これらはすべて「STYLY」を使って制作されたものだ。今年3月に米国オースティンで開催された「SXSW2017」にてプライベートβ版を公開。現在500人の先行ユーザーが利用しており、コミュニティに挙げられた要望に応え、機能改善を行っている。また、スタートアップ支援プログラム「Microsoft BizSpark Plus」に採択され、日本マイクロソフトの支援のもと「Azureクラウド」を用いた高品質なサービスを提供している。

 

「STYLY」の特徴として、さまざまなクリエイティブツールと連携できる点が挙げられる。MAYA、Blenderなどの定番3Dソフトや、YouTube、Instagramといったサービスをプログラミングの必要なく取り込むことが可能となっており、多くのクリエイターがすぐにVR空間を構築して活用できる。対応ソフトやサービスは今後順次拡大され発表していく予定だ。

 
Psychic VR Labは、今後「STYLY」さまざまなクリエイティブツールとの連携を展開し、すべてのクリエイターにVR・MRの構築が可能となるプラットフォームへと発展させて行きたいとしている。また、教育機関用の特別プランも用意しているので、興味ある方は問い合わせてほしいとのこと。

 
●関連リンク
STYLY ウェブサイト

LINEで送る
Pocket