審査員も思わず「ありがとうございます!」 「サマーレッスン」イラストコンテスト結果発表

LINEで送る
Pocket


セルシスとバンダイナムコエンターテインメントは、PlayStation VR用ゲーム「サマーレッスン」を題材とした「サマーレッスン イラストコンテスト」の審査結果を発表した。特設サイトでは、グランプリをはじめとする各賞を審査チームのコメント付きで紹介。「サマーレッスン」プロデューサー/ディレクターの玉置絢氏によるコンテスト総評も掲載している。

 

▲あーさらさんの作品(サマーレッスン イラストコンテスト 特設サイトより)

 
見事グランプリに輝いたのは、あーさらさんの作品。審査チームは、宮本ひかり、アリソン・スノウ、それぞれの印象的なシーンがシームレスに融合しているアイデアと、それをだまし絵のように自然なイラストに落とし込んだセンスを高く評価。「描いてくれてありがとうございます!」と感謝の言葉で審査コメントを締めくくっている。

 

▲やえさんの作品(サマーレッスン イラストコンテスト 特設サイトより)

 
マンガ賞は、やえさんの作品が受賞。ゲームへの没入感をただ表現しただけではなく、VRな存在である彼女たちへのもどかしさや想いをあえて表現。「(サマーレッスンを)遊んでいない人の心も動かしそう」というコメントの通り、プレイヤーの視点からの「甘酸っぱいジレンマ」の体験がストーリーとしてまとまっている点が評価された。

 
特設サイトでは、準グランプリ作品、入賞作品、佳作のほか参加賞作品も審査チームのコメント付きで閲覧できるほか、「サマーレッスン」プロデューサー/ディレクターの玉置絢氏によるコンテスト総評も掲載されているので、興味がある人はぜひチェックしてみてほしい。

 
●コンテスト総評 玉置絢氏(一部抜粋)
今回のコンテストの主旨
(「サマーレッスン」のVR体験は)ゲームを実際にやって頂いてこそ伝わるもので、プレイしていない方にはなかなか伝わらないものなんですね。(中略)イラストやマンガで「VRでキャラクターたちと出会い、会話をして交流するというのは、どんな気持ちがするのか、どういう感覚なのか」といったことを表現していただけないか、と思いコンテストの取り組みについてセルシスさんにご相談した次第です。

 
応募作品の印象
想像を超える応募件数がすごく嬉しかったですね。バリエーションもかなり豊富なものが集まったと思います。(中略)VRを通して出会ったキャラクターといろんなことをしたいという願望と、それまで過ごしてきた思い入れを絵に込めている方が多く、作り手冥利に尽きるものが多かったです。

 
インスピレーションを受けた作品はありましたか?
ひかりとアリソン二人のキャラクターが仲良く話しているような作品が多く見受けられましたので、なんらかの形で是非二人を絡ませたいなと思いましたね。(中略)VRの未来に期待するような想像の豊かなイラストも多かったです。技術の進歩はすぐだと思いますので、これからも様々な取り組みを続けて、サマーレッスンをもっと盛り上げていきたいですね。

 
●関連リンク
サマーレッスン イラストコンテスト 特設サイト
セルシス ウェブサイト
サマーレッスン 公式サイト

 
(C)CELSYS, Inc. All Rights Reserved.
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

LINEで送る
Pocket