日本マイクロソフト、「Xbox ワイヤレス アダプター」をついに発売 Oculus同梱のXboxコントローラを無線化

LINEで送る
Pocket

 

日本マイクロソフトはPC向けのXboxワイヤレスコントローラ用レシーバ「Xbox ワイヤレス アダプター for Windows 10」を8月24日に2480円(税別)で発売する。

本機を利用することで、Xboxワイヤレスコントローラを最大8台まで接続することができ、ヘッドホン端子のあるものからはゲームサウンドのステレオ出力にも対応している。

XboxワイヤレスコントローラはOculus Rift CV1に付属していたが、日本マイクロソフトによって本機の技適取得が行われなかったため日本においてはワイヤレス化を断念、本機の代用品としてMicroUSBケーブルが付属することになり、Oculus Rift購入者からは非難の声もあった。

なお、Xboxワイヤレスコントローラは2015年8月にアメリカで発売された「Xbox One S」発売後からはBluetoothに対応したバージョンに切り替わり、Windows 10 PCとの接続も容易になっている。

 
●関連記事
【悲報】日本向けOculus RiftにはXbox One ワイヤレスアダプターの付属なし USBケーブルに

 
●関連リンク
Xbox
プレスリリース

(C) Microsoft

LINEで送る
Pocket