トリックアートも動画の時代!トリックアート用ARスマホアプリ「TRICKAR」配信開始

LINEで送る
Pocket


エス・デーは、アーティフィスと共同開発したiOS/Android向けトリックアート専用アプリ「TRICKAR(トリックアール)」を配信開始した。精彩に描かれたアナログ作品にAR技術を加えることでトリックアートの新しい楽しみ方を提案する。

 
デジタル端末やSNSの浸透で誰でも気軽に写真の公開ができる時代になり、トリックアートも魅力あるコンテンツとして幅広く受け入れられている。これまでのトリックアートにおける撮影の楽しみ方は、作品の前でポーズを決め撮影することで、写真として作品(静止画)を作ることだったが、「TRICKAR」では、ARによる演出を動画で撮影できる。今まで以上にリアルで面白いトリックアートを動画作品として作ることが可能だ。

 
「TRICKAR」は、以下の体験施設の各作品で利用できる。今後も、体験できる作品は随時追加予定となっている。

 
●那須とりっくあーとぴあ ミケランジェロ館
・場所:栃木県那須郡那須町高久甲5760
・展示作品数:5作品

 

【作品例】サーフィン
「TRICKAR」アプリに作品を映すと絵の中のイルカが飛びはね、カモメが飛びまわる。最後には波に飲み込まれてしまう演出もあり、迫力も感じる。軽快なBGMや波の効果音によって、臨場感をたっぷり演出。サーファーになりきって、自分だけのサーフィン動画を撮影することができる。

 
●宮交シティ スーパートリックアート展
・場所:宮崎県宮崎市大淀4-6-28
・展示作品数:2作品

 

【作品例】巨大ヒーロー
絵の中の怪獣が炎を吐くなど街を破壊し始める。ヘリコプターによる攻撃が始まると、自分自身も巨大ヒーローとなって怪獣と戦うことになる。ARならではの映像演出で、まるでヒーロー映画のワンシーンを撮影できる。見るだけなく、映像に入り込んで特別な動画を楽しもう。

 

●TRICKAR(トリックアール)
・配信開始日:8月9日
・価格:無料
・対応プラットフォーム:
 - iPhone/iPad/iPod Touch(iOS 10.0以降)
 - Android(5.0以降)搭載スマートフォン・タブレット

 
●関連リンク
iOS版 TRICKAR ダウンロードページ(App Store)
Android版 TRICKAR ダウンロードページ(Google Play)
那須とりっくあーとぴあ ウェブサイト
宮交シティ スーパートリックアート展 紹介ページ
エスデー ウェブサイト
アーティフィス ウェブサイト

LINEで送る
Pocket