広島空港ターミナルビルで8月20日からVR体験イベント実施 サードウェーブなどが協力

LINEで送る
Pocket

広島空港ビルディングとVRワイバオ・ジャパン(VRwaibao)、サードウェーブソリューションズの3社は8月20日、広島空港ターミナルビル2階で、利用者向けのVR体験イベントを実施することを発表した。

期間は8月20日および26日〜27日の3日間となり、体験可能な時間は10:00〜16:00。コンテンツとして TheLab の「ロングボウ」、「ベスパーピーク」 の2種類を用意する。

機材提供はサードウェーブソリューションズによるもので、PCとして同社ガレリアシリーズからGALLERIA VIVE VR READY 推奨モデル XTおよび、HTC社のVRヘッドセット「VIVE」を用いる。

企画プロデュースを行ったのは、上海でVRコンテンツ開発を行うVRwaibaoのテクニカルアドバイザーである長谷川雄一氏が行った。同氏は「VR を手軽に体験できる施設はまだ少なく、地方ではその機会がもっと少ないため、VR を気軽に体験出来る機会を増やすことをミッションとして活動しております。今回は試験企画として空港で VR 体験を 3 日間提供する事となりました」とコメントしている。

 
●関連リンク
広島空港ビルディング

LINEで送る
Pocket