ワントゥーテン、パラスポーツを普及させるプロジェクトの第二弾「CYBER BOCCIA」を発表

LINEで送る
Pocket

ワン・トゥー・テン・ホールディングスは8月23日、「CYBER SPORTS」プロジェクトの第二弾として、「ボッチャ」を手軽に誰とでもどこでも楽しむためにプロジェクションやセンシングを活用した 「CYBER BOCCIA」(サイバーボッチャ)の完成に伴い、その発表会を行った。

ワントゥーテンはパラスポーツ(広く障がい者スポーツを表す言葉)の体験会を実施できる回数が少ないことや、インストラクターが足りないことから一般の人が体験する場がなかなかなく、そもそも興味を持ちづらいということがパラスポーツの普及しない原因だと考えた。

そしてそのようなパラスポーツをデジタルテクノロジーの力でエンターテインメントというかたちに置き換え普及させようというのがCYBER SPORTSプロジェクト。

 

プロジェクトの第一弾としては車椅子型VRレーサー「CYBER WHEEL」(関連記事)を開発している。

プロジェクトの第二弾として選ばれた競技「ボッチャ」は、ヨーロッパで考案された重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のためのスポーツであり、パラリンピックの正式種目にもなっている。

内容としてはジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに向かって、それぞれ6個のボールを投げ合い、相手より多くのボールをジャックボールに近づけられるかを競うというもの。

 

 

そしてCYBER BOCCIAはボッチャのルールを変えず、リアルタイムトラッキングやプロジェクション、状況に合わせたサウンド、LEDライトによる演出を用いて近未来的な演出を行ったものである。また、ボールの位置をリアルタイムでセンシングして自動でポイントを計算するシステムを搭載しているので1人でもプレイが可能だ。

発表会ではワントゥーテン代表取締役社長の澤邊芳明氏とクリエイティブ、テクニカルそれぞれの責任者がプレゼンテーションをし、「CYBER BOCCIA」を各種イベントやアミューズメント施設、飲食店などへ設置し新しいパラスポーツとしてナイトエンターテイメントの一つにすることで興味喚起や観戦促進を目指すことを発表した。

また利益の10%を一般社団法人ボッチャ協会(以下、ボッチャ協会)へ寄付する仕組みを作った事を発表。その後リオデジャネイロパラリンピックボッチャ混合団体戦で銀メダルを獲得した、杉村英孝選手と廣瀬隆喜選手が来場し、ゲストと一緒にプレイする時間もあった。

以下、発表会での代表らによるコメント。

 
●ワントゥーテン代表取締役社長CEO澤邊芳明氏のコメント
2020年に向けて現在様々なパラスポーツの理解促進施策が行われていますが、まだまだ競技観戦者が増えている状況ではなく、新しい概念のプロモーションが求められています。そんな状況下において、エンターテイメントコンテンツの力を使い、一般市民を巻き込む形で、また多くの企業を巻き込む形でボッチャそしてパラスポーツを盛り上げていければと考えています。本日より、販売・レンタルを開始いたしますので、世界初のこのイノベーティブな取り組みをぜひご支援ください。ご一緒に盛り上げていきましょう。

 
●ボッチャ協会代表理事奥田邦晴氏のコメント
この度は、ボッチャを広めて頂く機会を与えて頂いたことに、感謝申し上げます。障がい者・健常者といった垣根のない誰もができるスポーツですので、協会として障がい者の方だけではなく「国民的スポーツ」として広く一般に広めることをめざしています。この度、CYBER BOCCIAを開発して下さったことで、誰もが想像もできなかった、様々な場面でのボッチャの展開がはかれることになり、協会全体の思いの実現化を一層加速させて頂きました。また、今回利益の一部を協会の強化のために寄付していただけること、大変ありがたく思っております。この機会をしっかりと受け止めて、2020年に向けて結果が出せるように協会としての責務を果たしたいと思っております。

 
●ワントゥーテンクリエイティブディレクター/1-10LABメンバー引地耕太氏のコメント
障がいの有無に関係なく、誰でも楽しめることができるところがボッチャの魅力。「CYBER BOCCIA」ではそのよさを生かしつつ、クリエイティブ×テクノロジーでエンターテイメント性を高め、新しい体験にしたいと思いました。今回、本来のボッチャを「ビジュアライズ」「センシング」「サウンド」という3つにより拡張。「ビジュアライズ」では、ボッチャの本質である戦略性を美しくデータビジュアライズ。 「センシング」では、自動でポイント計測。「サウンド」では1投ごとにサウンドがつくられ、クライマックスに向けて音楽が生成し試合を盛り上げる。この3つの拡張により、これまでの福祉的なパラスポーツのイメージを覆し、バーやクラブのような場所でカジュアルに誰もが楽しめるエンターテイメントスポーツにしたいと考え制作しました。

 
●ワントゥーテンドライブ CTO/1-10LABメンバー森岡東洋志氏のコメント
「ビジュアライズ」ではボールの位置やゲームの状況に応じてリアルタイムに変化するグラフィックシステムを、「センシング」ではボールのトラッキングをベースにしたゲームの自動進行、得点のシステムを、「サウンド」ではオーディオと完全に同期するオーディオビジュアライズシステムをそれぞれ独自に開発していました。

 
●「CYBER BOCCIA」仕様
・コートサイズ:3m×5m(通常のボッチャコートの1/2サイズ)
・全フレームサイズ:3m×7m×2.5m +プロジェクター架台
・体験可能人数:1体1、2体2、3対3(2~6人)
・使用している機器:プロジェクター、単焦点レンズ、キネクトセンサー、LEDライティング

 
●特徴
・リアルタイムトラッキング+プロジェクションで、戦略をエモーショナルに美しくデータビジュアライズ。LEDライトがサウンドに連携し、競技をエンターテイメントに演出する。
・それぞれのボールの位置をリアルタイムにセンシングし、自動でポイント計測。審判がいなくても、一人でプレイが可能。
・一球ごとにサウンドを生成。クライマックスに向けてそのサウンドが重なり音楽が作られる。また、戦いの流れに応じてサウンドが変化し臨場感を演出する。
・設置や移動が容易にできる。(イベントは勿論、全国のバーやカフェ、アミューズメント施設への展開を想定)
・老若男女、障がいの有無関係なく、誰でもプレイ可能。
・コートの大きさ、機材の種類、建て付け方法など、カスタマイズ可能

 
●金額(予定)
・販売価格:600万円(税別)
・レンタル価格:160万円+運搬費/1週間(税別)
・リース価格
初期費用:200万円(税別)
リース料:20万円/月×24ヵ月契約(税別)
備考:設置状況により、別途御見積

 
(TEXT by まぶかはっと

 
●関連リンク
CYBER BOCCIA公式サイト
CYBER SPORTSプロジェクトページ
ワントゥーテン ウェブサイト

LINEで送る
Pocket