東急建設、バンダイナムコと協力しVRゲームテクノロジーを活用した体験型安全衛生教育システムを開発

LINEで送る
Pocket

東急建設は8月24日、建設現場の災害事故撲滅を目指しバンダイナムコスタジオの技術支援の下、VRゲームテクノロジーを活用した体験型安全衛生教育システムを開発したことを発表した。

本システムでは体験者がVR空間内で様々な災害事故の発生過程を疑似体験することにより、災害事故に繋がる原因を考え災害事故発生防止のために自らがどのように行動すれば良いのかを学習することを目的としている。

また数多くのゲームコンテンツに取り入れられている感情や心理といった人間の行動原理に影響を及ぼすストーリー展開技術を活用することや、建設現場の災害事故に至る過程をVR空間上に再現するこで、よりリアルな体験に近づけている。

 

体験者の様子や使用しているコントローラーやトラッカーの写真

 

体験型安全衛生教育システムの体験画面

なお、バンダイナムコエンターテインメントが制作したVRアトラクション「高所恐怖SHOW」に近いものになっているようだ。

 

高所恐怖SHOW 体験者の画像

 

高所恐怖SHOW コンテンツ内画像

本システムのコンテンツは体験者に模範的行動を習得させるのではなく、災害事故の主な原因となる気付き忘れによるミスや横着するといった体験者本人が実際に起こしそうな不安全行動を誘発しやすい状況を作り、あえて災害事故を疑似体験させることを意図して制作している。

なお、本システムは持ち運びが可能で現場事務所の会議室などを使用して教育を行うことも可能。

東急建設は本システムを展開することにより当社の現場で働く従業員や協力会社を対象に安全教育の充実を図っていく予定であり、今後も様々なICTをはじめとした先端技術を活用して建設現場における課題解決を目指す方針だ。

 
(TEXT by まぶかはっと

 
●関連リンク
東急建設 ウェブサイト

LINEで送る
Pocket