KONAMI、iOS/Android向け新プロジェクト「ラブプラスEVERY」発表 スマホ向けは7年ぶり

LINEで送る
Pocket


コナミデジタルエンタテインメントは、「ラブプラス」シリーズの新プロジェクトとして、iOS/Android向けアプリ「ラブプラスEVERY」を発表し、ティザーサイトをオープンした。

 
「ラブプラス」は、特徴的な3人の女の子「高嶺愛花(CV:早見沙織)」「小早川凛子(CV:丹下桜)」「姉ヶ崎寧々(CV;皆口裕子)」がヒロインとして登場する恋愛シミュレーションゲームシリーズだ。主にニンテンドーDS、ニンテンドー3DSで展開され、「カノジョ」を作ることがゴールではなく、「カノジョ」と付き合いはじめてから、時間や日付などをリアルと共有し、ゲーム内のカノジョとコミュニケーションを楽しむという新しいゲーム性が大きな話題となった。

 

 
新プロジェクトとして発表されたのは、タイトル(プロジェクト名)である「ラブプラスEVERY」と、ティザーサイトの3人のヒロインと思われるシルエットや「ラブプラス」ユーザーにはお馴染みの風景、そして配信ストアがApp StoreとGoogle Playになるということのみで、現時点で内容などは一切明かされていない。

 

 
「ラブプラス」シリーズとしては、2010年にiOS向けに「ラブプラスi」というアプリをリリースしている。ヒロインごとに別アプリとなっており、時間や季節で変化する簡単なコミュニケーションと、ARカメラ、カレンダー機能を搭載。ゲーム要素よりもツール要素が強い内容だった。

 
ARカメラについては「ラブプラスi」に限らず、これまでの「ラブプラス」シリーズでも恒例の要素と言え、新プロジェクトがスマートフォン向けアプリになる点からも期待できる要素となりそうだ。「ラブプラスi」が7年前のアプリであることから、スマートフォン上で動作するARの練度も大きく向上しているはずだ。

 
また、現在はKONAMIを離れているキャラクターデザイナー・箕星太朗氏(「ラブプラス」当時はミノ☆タロー名義)もプロジェクトに関わっているものと思われるツイートをTwitterにて行っている。

 

 
スマートフォンならではの新要素などは搭載されるのか。新プロジェクト「ラブプラスEVERY」の動向に今後も注目したい。

 
●関連リンク
ラブプラスEVERY ティザーサイト

LINEで送る
Pocket