「楽園追放」水島監督のトークショウも決定 「VRまつり2015秋 Powered by G-Tune」においでませ

LINEで送る
Pocket

1

 
11月22日、VR・パノラマ系メディアのPANORAは、「HMDもからあげもバカ盛り! VRまつり2015秋 Powered by G-Tune」を開催します。2月に冬、5月に春、8月に夏と3回開催してきて、今回で4回目となるイベントです。チケットはPeatixで絶賛販売中

 
いつもは懇親会メインでしたが、今回はみなさまからのご意見を生かしてパワーアップしております!!

 
まずはセミナー! 14時〜16時30分を予定しておりますが、2時間半に6つの企画をぎゅぎゅっと盛り込ませていただきました。

 
●トークショウ
VRで変わる? 変わらない? アニメの未来
出演:デジタルハリウッド大学教授・福岡俊弘氏、アニメ監督・水島精二
アニメ業界から見てVRの魅力はどんなところにあるか? デジタルハリウッド大学の福岡教授を聞き手に、「楽園追放 -Expelled from Paradise-」や「鋼の錬金術師」、「機動戦士ガンダム00」などを手がける水島精二氏をお招きして、ざっくばらんに語っていただく。

 
●セッション
進撃の巨人・360度シアター『哮』のつくりかた
出演:dot by dot inc. Planner/CEO・富永勇亮氏、同テクニカルディレクター・Saqoosha
アニメ調のVRコンテンツは日本でニーズが高いジャンルのひとつ。キャラの魅力とVR体験の面白さを残したまま、コンテンツを軽量化するコツはどこにあるのか。東京・大分・大阪と3会場を回って、日本で最も多くの人数が体験したであろうVRコンテンツ「進撃の巨人・360度シアター『哮』」を手がけたdot by dot inc.の開発陣に知見をシェアしていただく。

 
VR元年に備えたPC選びのコツ
出演:マウスコンピュータ G-Tuneプロダクトマネージャー、小林俊一氏
Oculus Riftの開発・運用に欠かせないのが高性能なPCだ。国内で早期からOculus Rift向けに特化したデスクトップCPU採用ノートPCを製品化、さらにその進化として持ち運び可能な高性能小型デスクトップPC「LITTLEGEAR」や、Optimus問題を解消したノートPC「NEXTGEAR-NOTE i5710」をリリースしてきたG-Tuneに、PCづくりへの情熱と選び方を語ってもらう。

 
HTC Viveの魅力とコンテンツ開発
出演:DVERSE Inc. CEO・沼倉正吾
海外では展示会への出展も多いが、日本ではまだ本格展開していないVRヘッドマウントディスプレーの「HTC Vive」。部屋の広範囲を位置トラッキングできる「LightHouse」などの特徴を備えているが、アプリケーションに落とし込んだ場合、どんな魅力と発展性があるのか。実際にVive向けコンテンツを制作した実績がある沼倉氏に語っていただく。

 
『KiLA』が示す個人モーキャプ時代の到来
出演:プロデューサー・cort氏、プログラマー・ほえたん
「KiLA」は、格安で精度の高いモーションキャプチャーして注目されている「Perception Neuron」を活用したリアルタイムアニメーションシステムだ。Unityを使って開発したお二人に、Neuronの良さと使いこなし方、KiLAのVR対応や生放送での導入事例を紹介してもらう。

 
Hololens・Magic Leapに備えるARグラス基礎講座
出演:プログラマー・あるしおうね
「VR元年」となりそうな2016年は、HololensやMagic LeapといったARグラスも盛り上がりそうな勢いだが、日本ではあまり話題に上がらない。どんな特徴を備えた機器で、何ができなそうなのか。ARに詳しいあるしおうね氏に解説いただく。

 
 
日本を代表する『進撃の巨人』のVRコンテンツは、どうやって生まれたのか。Oculus Riftの製品版が出たときに、どんなPCを選べばいいのか。日本ではまだ未知数なHTC Viveは何が魅力なのか。「個人でモーキャプシステム」を作り上げてしまった「KiLA」とは何か。VRと並行してARグラスは、何を実現してくれそうか——。

 
追加情報となるのが、デジタルハリウッド大学教授の福岡俊弘氏と、アニメ監督の水島精二氏によるトークセッションです。水島監督といえば、VR開発者にとっては「楽園追放」を手がけた人物としてご存知のはず。電脳世界「ディーヴァ」とリアルワールドを舞台にした世界観は、パーソナルVRが進むかもしれない未来の一端を示しています。

 

 
ヌルヌルのフルCGアニメすげぇ! アーハンの戦闘シーンがかっこいい! アンジェラちゃんのお尻がすごい!など、昨年11月の上映当時には、日本のVR開発者の間でも大いに話題になってTwitterに多くの感動のコメントを集めました。

 
さらに一晩でVRアプリを作る「第3回 Oculus Game Jam in Japan」というハッカソンで、インスパイアされた「学園追放」というVRアプリが生まれたり、結束を高めるために劇場に「楽園追放」を見にいくチームが出てくるなど、日本のVRクラスタに多大な影響を与えております。

 

 
水島監督が語る、「楽園追放」秘話とVRヘッドマウントディスプレーに対する期待をぜひ現地でご観覧ください。

 
 
さらに17:30〜20:30の懇親会は唐揚げ! 「全然足らない」というご指摘を反映しまして。1回目と同じ「ちばチャン 池袋店」に原点回帰します。唐揚げが舟盛りでアホみたいに出てくるんです。もう一度言わせてください、唐揚げが「舟盛り」でアホみたいに出てくるんです

 
ドリンクは飲み放題。さらに2時間では話し足りないというご指摘をいただき、3時間に拡大させていただきました! 1フロアすべてを抑えたので、そこにいる方はVR関係者のみという奇跡的な状況が起こっております。

 
チケット料金は、セミナーが一般2000円、学生1800円、懇親会が4500円となっておりますが、セットで5800円というお得なコースも用意させていただきました。

 
ぜひぜひ昼間は開発に役立つ知見を蓄え、夜はからあげでエネルギーをチャージして、VRコンテンツづくりに邁進しましょう!

 
▼イベント概要
・開催日:11/22(日)
・開催時間:セミナー:14:00〜16:30、懇親会:17:30〜20:30
・場所:セミナー・サンシャインシティコンファレンスルーム(Room15)、懇親会・チバちゃん池袋店
・チケット料金:セミナー:一般2500円、学生1800円、懇親会:4500円(セットで5800円)
・主催:PANORA
・定員:セミナー:180人、懇親会230人

 
 
●関連リンク
HMDもからあげもバカ盛り! VRまつり2015秋 Powered by G-Tune

LINEで送る
Pocket