マイクロソフト、Steam VR対応を含むWindows Mixed Reality Headsetの新情報を発表

LINEで送る
Pocket

 

マイクロソフトは今週ベルリンで開催されるIFAに先駆け、Windows Mixed Reality Headsetの新情報を発表した。主な内容は下記のとおり。

●内蔵センサーによりセットアップフリー
●コントローラ込みで$399から、対応PCは$499から
●Windows Mixed Reality PCでは60FPS動作
Windows Mixed Reality Ultra PCでは90FPS動作
Steam VRに対応

対応ソフトとしては、「Fantastic Contraption」や「Arizona Sunshine」といったVRでの人気タイトルに加え、「Minecraft」や「Halo」といったマイクロソフトの人気タイトルがラインナップしている。

 

公表されているゲーム・エンタメ分野のタイトルリスト

 

Experience Windows Mixed Reality

なお、現時点でWindows Mixed Reality PC/Windows Mixed Reality Ultra PCの必須スペックは公開していない。Windows Mixed RealityはWindows 10 Fall Creators Updateで提供し、HP、エイサー、レノボ、Dell、3 Glassesからヘッドセットが供給する。

 
●関連リンク
マイクロソフト
Windows Mixed Reality(英語)
Windows Mixed Reality holiday update(英語)

LINEで送る
Pocket