またまたVRアイドルが参戦! 生身でもVRでも会える「MariA」がパシフィコ横浜でデモ中【CEDEC】

LINEで送る
Pocket

世はまさにVRアイドルの戦国時代──。VRは「次元の壁」を超えてキャラクターに会えることを可能にしてくれる技術で、PANORAでもキズナアイHop Step Sing!岩本町芸能社をはじめ多くの事例を取り上げてきました。さらに! 8月30日〜9月1日まで開催しているゲーム開発者向けイベント「CEDEC 2017」にて、また新たな「参戦」が明らかになりました。

 
「PROJECT MariA」と名付けられた企画で、キャラクターの名前はそのままの「MariA」。専用サイトによると「15歳の強気で無敵でキュートなアイドル」。ブラックホールな胃袋を持ち、「カロリーはお友達」「差し入れは24時間受付中」という設定のようです。

 

パシフィコ横浜の2F、エントランスを入って右奥の会場では1日4回ライブを行なっています。各回30人限定で参加が可能です。

 

なんと会場の様子はMariAにも見えており、例えばライトをきちんと振って応援してくれないとツッコミを入れてくるなど、まさにお客としてライブに参加している感覚が味わえます。

 

 
ライブの前半の様子。後半はぜひ現地でお楽しみに。

 

さらにバックヤードでは、2台限定でHTC VIVEを用意しており、VR空間の中に入ってまさにMariAを目の前にしてライブを楽しめます。

 

実際にコントローラーを持った「手」がVR空間に出現!

 

リアルタイムモーションキャプチャーには、OptiTrackを活用。

 

表情はゲームコントローラーで指示するほか、カメラを使ったフェイシャルキャプチャーも可能となっています。画像は、表情を驚いたところにしたところ。

 
映像や漫画などのエンタメコンテンツを開発しているHappy Elements Asia Pacificが手がけたこのシステム。繰り返しになりますが、筆者的にはMariAが会場のお客さんをきちんと把握した上で「そこのメガネのお客さーん」と言った感じのコール&レスポンスが実現できていたのが興味深かったです。VR/AR/MR系で、キャラものを手がけようと考えている方々は、ぜひCEDEC会場でチェックしておきましょう。

 
*CEDEC 2017記事まとめはこちら

 
 
(TEXT by Minoru Hirota

 
 
●関連リンク
PROJECT MariA
Happy Elements

LINEで送る
Pocket