MSI、Vega下位モデルグラボ「Radeon RX Vega 56 8G」9/6発売 Radeon VR Ready認証製品

LINEで送る
Pocket


MSIは、9月6日に、AMDの最新グラフィックスアーキテクチャである開発コードネーム「Vega」の下位モデル「Radeon RX Vega 56 8G」を発売開始する。市場想定価格は6万1500円(税抜)。Radeon VR Ready Premium認証製品となっている。

 
「Radeon RX Vega 56 8G」は、Vegaアーキテクチャ採用グラフィックスチップの下位モデルとなる「Radeon RX Vega 56」を採用。GLOBAL FOUNDRIESの14nm FinFETプロセス技術によって56個のCompute Unitを統合し、3584基のストリーミングプロセッサを搭載している。

 
また、従来のグラフィックスメモリにあたるHigh Bandwidth Cacheとして、HBM2メモリを8GB搭載。2048bit幅のメモリインターフェースで410GB/sのメモリ帯域を実現している。GPUコアクロックは、ベースクロックが1156MHz、ブーストクロックが最大1471MHzで動作し、最新のVRタイトルもスムーズに楽しめる。

 
ディスプレイ出力には、DisplayPort×3とHDMI×1を備え、最大4画面の「AMD Eyefinityマルチ画面出力」に対応するほか、AMD独自の画面同期技術である「AMD FreeSyncテクノロジー」もサポート。カードの電源部には、MSIの高性能コンポーネント規格である「Military Class 4」に準拠したほか、約10年の長寿命かつ低発熱のアルミ電解コンデンサを採用するなど、電力効率の向上と安定性の実現を優先したものとなっている。MSIのほかのグラフィックスカードと同様、独自ユーリティティ「Afterburner」によって、システム環境に応じて、さらなるオーバークロックを試みることも可能だ。

 
●Radeon RX Vega 56 8G
・発売日:9月6日
・市場想定価格:6万1500円(税抜)

 
・GPU:AMD Radeon RX Vega 56
・GPUコア(コードネーム):Vega 10 XL
・ストリームプロセッサ数:3584
・インターフェイス:PCI Express x16
・コアクロック:
 - ベースクロック 1156MHz
 - ブーストクロック 1471MHz
・メモリサイズ:8GB
・メモリタイプ:HBM2
・メモリインターフェイス:2048bit
・メモリクロック:800MHz
・メモリ帯域:410GB/s
・HDMI:HDMI 2.0 最大3480×2160ピクセル@60Hz
・DisplayPort:DisplayPort 1.4×3 最大7680×4320ピクセル@60Hz(DP1.4使用時)
・最大ディスプレイ出力数:4
・消費電力:210W
・補助電源コネクタ:8ピン×2
・マルチグラフィックス対応:4-Way AMD CrossFire(Bridgeless)
・外寸:D280×H127×W40mm
・本体重量:1090g

 
●関連リンク
Radeon RX Vega 56 8G 製品ページ

LINEで送る
Pocket