女子に唐揚げ、ラーメンも! VR匂いデバイスのVAQSO、TGS出展内容を明らかに

LINEで送る
Pocket

 

VR匂いデバイス「VAQSO VR」を開発するVAQSO Inc.は、東京ゲームショウ2017に出展、9つのコンテンツ(うち8タイトルが新規開発)を披露することを発表した。既報に引き続き、ここでは発表会・一部コンテンツの体験会の模様をお届けする。

 

VAQSO Inc. CEOの川口健一郎氏

 

「VAQSO VR」はAPIを通じて5種類(プロトタイプは3種類)の匂いを出力することができるデバイス。6月の出資説明会でも語られた匂いデバイスの状況が発表された。

 

VAQSO VRを取りあげたメディアを紹介。弊誌が入ってる!(小さくガッツポーズ)

 

現在はプロトタイプのVer.2が完成したところで、発売は2018年春以降を目指して開発が続けられている。問い合わせは海外からが大多数を占めているとのこと。

 

 

既報の通り、東京ゲームショウでは9つのVAQSOタイトルを出展。うち8タイトルが初披露となるタイトルとなる。

 

 

 

 

ステージイベントではパルマー・ラッキー氏やGOROman氏といったVR界の重鎮が登場する。

 

発表会では各コンテンツ供給メーカーの担当者がその説明を行った。まず最初にスクウェア・エニックス、第10ビジネス・ディビジョン プロデューサーの加島直弥氏から。

 

「乖離性ミリオンアーサーVR」ではキャラクターとのコミュニケーションに特化した特別バージョンを展示。キャラクターと環境の匂いを感じてほしいとのこと。

 

AOI Pro.、体験設計部部長・クリエイティブディレクターの吉沢貴幸氏。

 

コンテンツ東京でも話題となった「WONDERFUL WORLD VR Private Tour」を出展。視覚・聴覚だけでなく、触覚・嗅覚でも楽しめるアトラクションタイプのVR。ちなみに動く歩道の高さがコンテンツ東京出展版より低くなって安全面にも配慮している。

 

今回のVAQSO発表会は手だけの運用となっていた。

 

イリュージョン、VR企画開発部 大鶴尚之氏からは男性読者諸氏には気になるあのコンテンツが。

 

そう、VRカノ……ではなく、「VRサクラ」である。 CERO Dまでに収めてるから大丈夫です、というTGS向けの特別バージョンで出展するとのこと。ちなみにイリュージョンは「IVR」というブランドを設立し、一般市場向けのVRも今後手掛けていくという。

 

 

トリコルからは「カウンターファイト」のVAQSO対応版を出展。ラーメンの匂い、ギョーザの焼けた匂い、そして焼き過ぎて焦げた餃子の匂いを体験できる内容。ちなみに、TGSで体験後にラーメンが食べたくなったら、メッセ内からであれば1ホール前の「ロイヤルガーデンコート」が近い。

 

 

「サードアイ」によるプレイヤーの動き表現(下画面写真の左側の単色の影がプレイヤー)を追加したと、エクシヴィの藤原航氏が紹介。

 

クリーク・アンド・リバー社、VRディビジョン 吉岡宗一郎氏。

 

同社が出しているオールインワンVR HMD「IDEALENS」向けコンテンツ「激烈おとっつぁんのちゃぶ台返し」が対応作に。これにはハンバーガーや唐揚げの匂いが体験できるという。

 

アルファコード、代表取締役社長兼CEO兼CTO 水野拓宏氏。

 

「VRider Direct」。もともとVAQSOに対応したデモも出展していたが、TGSではエディタで実際に匂い情報を貼り付けるデモも行うという。

 

シータ、CEO 鈴木雅彦氏。

 

 

 

「透明少女」ハイエンドHMD+匂い対応版を出展。実写(しかも3D)の女子にほのかな匂いが加わって、まさに超至近距離に女子がいるような感覚を味わえる。

 

海外タイトルはシンガポール・Mixed Realmsの「SAIRENTO(サイレント)VR」。ちなみにMixed Realmsは一般展示エリアにも出展が予定されている。

 

もう一本の海外タイトルはアメリカ・Subdream Studiosの「Dream Pets VR」。犬を愛でるタイプのVRゲームで、9月にアーリーアクセスリリースを予定している。犬の匂いも再現。

 

「透明少女」の技術協力を行ったハローの根岸匠氏。

 

 

機材提供はTSUKUMOが担当。営業部の駒形一憲氏も登壇した。

 

(訂正:ハローの根岸匠氏のお名前を間違っていました。訂正してお詫びいたします。)

 
(TEXT by Shogo Iwai)

 
●関連記事
VAQSO、TGS2017に匂いVRデバイス試遊出展!スクエニら9社とコラボ、パルマーも登壇
VR向け匂いデバイス「VAQSO」、60万ドルを資金調達で量産化始動 B2B向けコンテンツ制作も開始

 
●関連リンク
VAQSO
乖離性ミリオンアーサーVR
AOI VR
IVR
VRカノジョ(R-18版)
カウンターファイト
VR JAPAN(IDEALENS)
VRider Direct
透明少女
SAIRENTO VR(英語)
Subdream Studios
エクシヴィ
ハロー
TSUKUMO

LINEで送る
Pocket