Oculus、UnityでOculus Touchを用いたGear VRコントローラのエミュレート解説記事を公開

LINEで送る
Pocket

9日、米Oculus VRは公式ブログでOculus Touchを用いてGear VRコントローラをエミュレートするためのUnityのパッケージ解説記事を公開した。

Gear VRはOculus Touchのようにコントローラの位置を外部センサーで取得することができないため、Gear VRコントローラの位置はIKシステムによって決定される。このシステムのソースコードは、Oculus Native Mobile SDKに含まれている。

Oculus TouchとGear VRコントローラのボタンの対応は上の図の通りで、Oculus TouchのスティックはGear VRコントローラーのタッチパッドに、スティックに指を乗せるのはタッチパッドに触れること、スティックの押しこみはタッチパッドの押しこみに対応する。

また、Oculus Touchの人差し指をおくトリガーはGear VR コントローラのトリガー、Oculus TouchのYまたはBボタンは、Gear VRコントローラーの戻るボタンに対応する。

 
Unityでこのエミュレーション機能を利用することにより、モバイルビルドを待たずにPC上でOculus Touchを用いてGear VRコントローラの挙動を確認しやすくなる。

ほか、詳細なソースコードやファイルの場所などの解説、その他のダウンロードは公式ブログの本文から確認することを推奨する。
 
 
(TEXT by ぱソんこ
 
 
●関連リンク
Simulating a Gear VR Controller with Touch(Oculus公式ブログ)
SimulateGearVRControllerWithTouch(Unityパッケージ)

LINEで送る
Pocket