展示会ドットコム、展示ブースを360度VR画像に残していつでも閲覧できるサービスを開始

LINEで送る
Pocket


グローブコムは、同社が運営するサービス「展示会ドットコム」において、360度VR画像で「展示会の出展ブースをネット上に再現する」サービスを開始した。展示会の来場者はもちろん、来場できなかった人も、展示内容を、じっくり詳細に見ることができる。

 
展示会の出展ブースを360度VR画像にしてネット上に再現することには、以下のようなメリットが挙げられる。また、2件の導入事例をあわせて紹介する。

 
●展示会の出展ブースをネット上に再現するサービス 利用メリット
・コンテンツの「再利用」で早く・効果的にPRできる。
・来場者、未来場者、社内と、多くのターゲットに向けてPRできる。
・およそ3日で解体するブースを、ネット上に「永遠に残すこと」ができる。
・持ち運びが事由自在。ノートPC、タブレット、スマートフォンでも「サクサク」動くため、営業ツールとしての活用が可能。
・ナーチャリングやMA(マーケティングオートメーション)のフロントエンドとして使うことが可能。

 

 
●導入事例
・日立製作所 https://japan-exhibition.com/?p=71350
・パナソニック https://japan-exhibition.com/?p=4884

 
間もなく開催される「東京ゲームショウ2017」に出展する企業は、ネット上にブースを公開してみてはいかがだろうか。

 
●関連リンク
展示会ドットコム ウェブサイト

LINEで送る
Pocket