360度VR映像付きスマホアプリで鉄道模型を無線操作「TRAIN TECH」9/26にサービス開始

LINEで送る
Pocket


ZAIZENは、9月26日に、鉄道模型ととリアルな360度VR映像を連携させるスマートフォンアプリ「TRAIN TECH(トレインテック)コントローラー」を配信開始する。制御機器「MFC」により、鉄道模型の各操作をBluetoothで一括管理。アプリに内包された映像配信アプリ「resaVR」で本物の鉄道鉄道の走行風景を360度VR映像で楽しめる。アプリは基本無料、「MFC」は2万9800円。

 

 
「TRAIN TECH」は、専用スマートフォンアプリ「TRAIN TECHコントローラー」と、制御機器「MFC」によって構成される鉄道模型向けサービスだ。「Zゲージ」「Nゲージ」「HO/16番ゲージ」に対応しており、配線を変えるだけでスマートフォンからBluetoothによる鉄道模型の無線操作が可能になる。本体のみで路線2トラック、ポイント4箇所を制御可能。別売の「路線拡張パック」「ポイント切替拡張パック」を使用することで、最大路線8トラック、ポイント20箇所まで制御できるようになる。

 

 
アプリ「TRAIN TECHコントローラー」は、鉄道模型制御のほか、鉄道実車の走行風景を360度VR映像で見られる「resaVR」を内包。自由度が高く拡張性もある鉄道模型制御アプリとしての機能と、360度VR映像の視聴機能は、鉄道ファンはぜひチェックしておきたい。アプリ単体でも「動かせる鉄道車両図鑑」として楽しめるようになっている。

 
9月25日までは、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて「MFC」の特別価格の先行販売を実施中。一般販売開始日となる26日以降は、AmazonやZAIZENのECサイトより販売予定となっている。

 
●TRAIN TECH(トレインテック)
・サービス開始日(発売日):9月26日
・専用スマホアプリ「TRAIN TECHコントローラー」価格:基本無料
・制御機器「MFC」価格:2万9800円
・推奨スマホ端末:iOS 10.3.3以上、Android 6.x以上

 
●関連リンク
TRAIN TECH 公式サイト
Makuake TRAIN TECH プロジェクトページ

LINEで送る
Pocket