あの名作がVRで復刻!!「2017 PlayStation Press Conference in Japan」で発表されたVRタイトル一覧

LINEで送る
Pocket

 

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは本日9月19日に「2017 PlayStation Press Conference in Japan」を開催した。その中で「PlayStation VRタイトル」の最新情報が発表されている。ここでは新規タイトルを中心に紹介する。

●ARK Park(Snail Games)

 

サバイバルアクションゲーム「ARK:Survival Evolved」のスピンアウト作品となるVRアクションアドベンチャーゲーム。恐竜を捕獲し、自分だけのテーマパークを作り上げるのが目的だ。オンライン協力プレイにも対応。

 

 

●GUNGRAVE VR(IGGYMOB)

 

PS2でスマッシュヒットを記録したアクションシューティング「GUNGRAVE」シリーズがVRで再誕。二挺拳銃と強力な武器の詰まった棺桶を武器に、襲い来る敵を吹っ飛ばせ! キャラクターデザインの内藤泰弘ら、オリジナル版「GUNGRAVE」の制作に関わった主要メンバーが再結集しているのも魅力の一つ。

 

 

●A列車で行こうExp.(エクスプレス)(アートディンク)

16年ぶりに「A列車で行こう」シリーズがPlayStationに帰ってくる! PC版最新作となる「A列車で行こう9」をベースにし、各社の新幹線車両を全収録しているのが特徴。VRモードではNゲージやHOゲージをVRの世界で楽しめる。12/21発売予定で価格は7800円(税別)。

 

 

●ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS(KONAMI)

 

「ラブプラスEVERY」「ときめきアイドル」といったモバイルVRに続き、ついにKONAMIがPS VRに参入。2003年に発売された「ANUBIS ZONE OF THE ENDERS」が15年の時を超え最新技術で再帰還! オービタルフレーム「ジェフティ」を駆り、多彩な武装で敵を倒すハイスピードアクションがVR化! 2018年春発売予定。

 

 

●JAPAN Studio VR音楽祭(SIEJA)

 

2017年5月に開催された『GAME SYMPHONY JAPAN 23rd CONCERT PlayStationを彩るJAPAN Studio音楽祭2017』をVR技術で再構成。全14曲のSIE JAPAN Studio楽曲を「どこでもいっしょ」のトロ・クロと一緒のVR空間で鑑賞できる。実際の音楽祭の模様も360度映像で見ることができる。PlayStation Plus会員には9月20日より無料で先行配信される

 

『JAPAN Studio VR音楽祭』紹介映像

 

 

他にも既報の「ねこあつめVR」「乖離性ミリオンアーサーVR」(9月28日配信開始予定)、「The Inpatient -闇の病棟-」(11月22日配信開始予定)、「Bravo Team」(2017年配信開始予定)、「クーロンズゲートVR」(晩秋配信開始予定)などのリリースが発表されている。

 

『The Inpatient -闇の病棟-』日本版トレーラー

 

『Bravo Team』日本版トレーラー

 
 
(TEXT by Shogo Iwai)

 
●関連リンク
PlayStation VR
A列車で行こうExp.(エクスプレス)
ZONE OF THE ENDERS: M∀RS
JAPAN Studio VR音楽祭

 
(C) 2017 Suzhou Snail Digital Technology Co. Ltd. All rights reserved.
(C) RED Entertainment/Development By IGGYMOB
Published by STUDIOARTDINK. (C) 2017 ARTDINK. All Rights Reserved.
(C) Konami Digital Entertainment
(C) 2017 Sony Interactive Entertainment Inc. (C) AIMVILLAGE Co.,Ltd.
(C) Sony Interactive Entertainment Europe Developed by SuperMassive Games.

LINEで送る
Pocket