マンガのヒーロー気分が味わえる爽快VRアクション「BE THE HERO」TGS2017に出展決定

LINEで送る
Pocket


EXPVRは、9月21日~24日幕張メッセにて開催される「東京ゲームショウ2017」にて、VRマンガヒーローアクションゲーム「BE THE HERO」を出展する。対応プラットフォームは、HTC VIVE、Oculus Riftなどマルチ展開を予定。今秋にアーリーアクセス版を配信する。

 
「BE THE HERO」は、VRマンガヒーローアクションゲームだ。現状のVRゲームは、ストーリーがほとんどなく、体験重視な内容となっている作品が多いことに対し、本作ではヒーローに感情移入するためのストーリー体験を「VRマンガ」で実現。ストーリーパートからシームレスにアクションパートへ移行することで、マンガの世界に入り込み、プレイヤーが主人公になりきって敵と戦う体験を可能にする。

 
本作では、忍者になって超高速でビル郡を駆け抜けたり、魔法のほうきに乗って空を自由に飛び回ったりと、現実では不可能な移動体験ができる。また、刀で一瞬のうちに敵を斬り伏せたり、手に宿した炎で巨大な敵を焼き払ったりと、数々の必殺技を繰り出す爽快感も味わえる。幼い頃から憧れていたヒーローに自分がなる「現実を超えた最高のヒーロー体験」をVR空間で実現する。

 
【ストーリー】
「空が落ちてきた日」-スカイフォール-と呼ばれたあの日、
世界と、僕のすべてが一変したんだ――

 
未知の脅威が人類に降り注いだ「空が落ちてきた日」-スカイフォール-。人々が為す術もなく混乱する中、突如として超人的な能力に目覚めた者たちが世界中に現れた。その姿は誰もが一度は憧れたコミック、マンガ、アニメに登場するキャラクターそのものだった。

 
降りそそぐ災厄から人々を守る姿から、彼らは次第に「ヒーロー」と呼ばれることになる。彼らがなぜヒーローとなり、ヒーローと呼ばれるようになったのか――

 

 
本作では、1人のヒーローだけでなく、何人ものプレイアブルヒーローの物語が追体験できる。それぞれのヒーローが特有の能力を持っており、移動方法や攻撃方法など、全く異なるプレイスタイルで楽しめる。その一部は、公開されたばかりのトレーラー映像でぜひ確認してみてほしい。

 

「東京ゲームショウ2017」では、忍者ヒーロー「Road of the Ninja」が体験できる。また、EXPVR、MyDearest、mikaiの3社によるクロスプロモーションも実施。「BE THE HERO」では、MyDearestの「FullDive novel: Innocent Forest」のヒロイン「ルクレイ」を敵から救出するオリジナルシナリオが楽しめる模様。「Innocent Forest」についてはこちらの記事を参照。

 
今後アップデートでさまざまなプレイアブルヒーローたちが増えていく予定とのことなので、どうぞお楽しみに。

 
●BE THE HERO
・配信開始日:2017年秋 アーリーアクセス版配信予定
・価格:未定
・プラットフォーム:VIVE、Oculus Rift ほか
・ジャンル:VRマンガヒーローアクション

 
●東京ゲームショウ2017
・開催日時:
 - ビジネスデイ 9月21日~22日 10:00~17:00
 - 一般公開日 9月23日~24日 10:00~17:00
・会場:幕張メッセ
 (千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
・入場料:
 - 一般(中学生以上) 前売 1000円 / 当日 1200円
 - 小学生以下 無料
・主催:コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
・共催:日経BP社
・特別協力:ドワンゴ
・EXPVRブース:10-W14

 
●関連リンク
BE THE HERO 公式サイト

LINEで送る
Pocket