世間知らずな箱入りお嬢様に一般常識を教えよう!「サマーレッスン:新城ちさと」をちょっとだけ体験【TGS2017】

LINEで送る
Pocket

 

PlayStation VRのロンチから約1年が過ぎ、PS VRのタイトルでは定番になりつつある「サマーレッスン」。その最新作となる「サマーレッスン:新城ちさと」が、本日より9月24日まで幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2017」で初試遊出展となった。

「サマーレッスン」に登場するキャラクターの宮本ひかりは2014年のPS VRの日本お披露目タイトルの一つとして(当時は名無しだった)、アリソン・スノウは「E3 2015」において「サマーレッスン」の技術デモとして登場し、皆も知っているキャラクターではあるが、今回の新城ちさとは全くの新キャラクター。

メディアである我々も初めての体験となる。どのような体験になるかに期待を膨らませている人も多いだろう。まずはファーストインプレッションをレポートしたい。なお、東京ゲームショウ2017においての本タイトルの出展はバンダイナムコエンターテインメントブースではなく、隣のソニー・インタラクティブエンタテインメントブースでの出展となる。また、一般公開日午後の予約は終了しているので、体験するには午前中のPlayStation VRタイトルの整理券配布のみとなるので注意しよう。

 

SIEブース内のVR体験コーナー。模範的なカテキョになってきます。

今回のTGSデモは毎度お馴染み喫茶店でのオープニング画面と着任シーン、そして「ある日の休憩時間で……」で構成されている。着任シーンでは我々が見知った部屋でも縁側でもなく、いかにもお金持ちのお屋敷の雰囲気がする豪華なお部屋。そこに現れたのはちょっと高飛車な雰囲気を漂わせたお嬢様だった……。

 

いかにもお金持ちのお屋敷の中にいるような豪華な家具や書籍、調度品の数々。

 

今回の生徒さんとなる、新城ちさとさん。泣きぼくろがチャームポイントだ。

なんと彼女は超の付く生粋の「箱入り娘」で、あまりにも世間知らずであり、ばあや(本人談)や使用人から外に出ることを止められているという。そこで、今回は彼女に「現代の一般常識」を教え込むというのが目的となる。この場合、ゲームクリア時の最終評価がどういう基準なのかも気になるところである。

 

 

ちなみに筆者のオススメ萌えポイントはちさとは本当に世間知らずなので「スマートフォン」を「すまぁと、ふぉん?」と言うところだろう。このイントネーションを含めた言い回しは是非ともTGSでの試遊、もしくは製品版で確認していただきたい。

 

一本指でタイプする女子もいいよね!

さて、もう一つのパートとなる「ある日の休憩時間で……」だが、本作では彼女が通販でマジックグッズを買ってきたということで見せてもらうことに。

いやぁ、マジックってトランプかなんかでしょ、かわいいものだなぁ、とか周りを見渡すと明らかに人が入りそうなデカい箱が置いてある。気が付くと体の周りが箱っぽい、というか……箱に入れられている!

そして目の前には3本の剣が! え、通販で買ったマジックグッズって人体切断なやつ!? ギャー! と、予想外の方向でちさとさんの世間知らずを思い知らされたカテキョの筆者でありました。

さて、今回の「サマーレッスン:新城ちさとがどのようなコンセプトか、というところは、9月21日に開催されたバンダイナムコエンターテインメントブースのステージイベント「サマーレッスン 生徒3人揃ったよ! 新レッスンおひろめステージ」で明らかになったので、そちらの記事で詳しくレポートしたい。

「サマーレッスン:新城ちさと」は現在PlayStation Storeで予約受け付け中。予約購入をすると発売日の10月12日深夜0時からちさとさんのカテキョになれます。

 
●「サマーレッスン:新城ちさと」製品概要
タイトル:サマーレッスン:新城ちさと 七曜のエチュード
メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
発売日 :2017年10月12日
ジャンル:VRキャラクター体験
価格  :基本ゲームパック 2759円(税別)/デラックス版 7704円(税別)
CERO  :C(15歳以上対象)

 
*東京ゲームショウ2017まとめはこちら

 
●関連記事
PS VR「サマーレッスン:新城ちさと」、わがままお嬢様の魅力たっぷりなプロモーション映像公開

 
●関連リンク
バンダイナムコエンターテインメント
「サマーレッスン」ポータルサイト
「サマーレッスン:新城ちさと」
BNE「東京ゲームショウ2017」特設サイト

 
(C) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

LINEで送る
Pocket