ちさとちゃんに刺されたい! 制作秘話も飛び出した「サマーレッスン:新城ちさと」ステージレポート【TGS 2017】

LINEで送る
Pocket

 

9月21日~24日まで幕張メッセで開催中の日本最大のゲームの祭典「東京ゲームショウ2017」バンダイナムコエンターテインメントブースにおいて、「サマーレッスン」シリーズのステージイベント「サマーレッスン 生徒3人揃ったよ! 新レッスンおひろめステージ」が開催された。さっそくレポートしたい。

 

「サマーレッスン」クリエイティブプロデューサーの原田勝弘氏。

 

そして「サマーレッスン」プロデューサー/ディレクターの玉置絢氏も登場。ここで原田氏が未だにPlayStation VRを買えていないことを発端としたネタトークがスタート。割とディスり気味になったところで玉置氏が慌ててゲストを呼ぶことに。

 

ちょっとした漫才が入って宮本ひかり役の田毎なつみさん、アリソン・スノウ役の阿部里果さんが登壇。

 

ここでさっきのネタトークがさすがに隣のブースのSIE関係者に知られたようで、原田氏が呼び出される形で一度退場(笑)。

 

 

 

ここで改めて、「サマーレッスン」のおさらいを。

 

VRキャラクターと接する入門編となる「サマーレッスン:宮本ひかり」。

 

癒し系のキャラと一緒に過ごす楽しさをとことん突き詰めた「サマーレッスン:アリソン・スノウ」。

 

 

「サマーレッスン:新城ちさと」は新しい体験が第1のテーマとしたことを発表。その直後、高飛車な声がステージに響き渡る!

 

新城ちさと役・畑中万里江さんが登場し、これで「サマーレッスン」の生徒さん、3人がそろい踏み。

 

三者三様、広がる「サマーレッスン」の世界。

 

そして話題は「サマーレッスン」のキャラを演じるうえでの苦労話に。CEDEC 2017の記事でも書いたが、本作では声優はモーションキャプチャーのアクターも兼ねている。そこでの苦労として、田毎さんは目線・瞬きの回数に気を配ったり、ソフトボール部なので素振りの練習をしたとか。

阿部さんは日本人がやらない動きをいろいろやったので猫背にならないように姿勢を気にしていたとのこと。畑中さんは偉そうな動きを心掛けたことに加え、キャプチャー時のスーツやフェイシャルキャプチャーのマーカーについても苦労したとか。

 

VRキャラクターならではの声と演技の工夫は? という質問にはリップシンクの位置合わせに苦労した、という田毎さん。また、アフレコは自分の顔を見てするので「一生分自分の顔を見た(笑)」という感想も。

阿部さんのアリソンは地声に近い声で、カタコトセリフは一発OKだったとのこと。ただし、カタコトセリフは演技の指導の仕方がないので、玉置さんがオーディションでイメージ通りの演技をした阿部さんの演技に任せた、という話も。

畑中さんはちさとはアニメのようなエキセントリックなキャラクターなのにリアルに寄せるのが難しいという苦労を語った。

 

実際にVRで演じたキャラクターに会ってみてどう思ったかという点については、田毎さんは付き合いが長いため、彼女の明るさに引っぱられて明るい気持ちになれたという。阿部さんは「膝裏が大好きです!無防備です!」と自分で見つけたチャームポイントをアピール。畑中さんは、担当するキャラクターの性格が素直ではないので、二人より受け入れられるかどうか心配だったとのことだが、実際に演じてみて安心し「かわいい!」を連発したという。

 

 

家の外に出してくれない超箱入り娘で外の知識に疎いちさとさんには現代知識や流行の遊びを教えるのがカテキョであるあなたへの今回のミッション。

 

「サマーレッスン:新城ちさと」ではよりプレイヤーが驚くVR体験の仕掛けやエキセントリックなイベントが用意されているという。

 

そんな「サマーレッスン:新城ちさと」は10月12日発売。現在、予約受け付け中。

 

人体切断マジック体験は追加DLC「赤絨毯のマジックアワー」に収録。「涼夏のブレイクタイム」も気になりますね。これらをすべてのDLCを含めたデラックス版も予約受け付け中。

 

デラックス版、もしくは追加DLCをコンプリートするとSDキャラのPS4テーマが、予約購入者・早期購入者特典として別カラーの衣装をプレゼント。

 

そしてイベント終盤、おしかりの時間を終えた原田氏がステージに再登場(笑)。心が清らかになった同氏は 「10月から値下げになって出荷数も多くなるって!」 とPS4をアピールした。

 

田毎さんと阿部さんが「早くちさとちゃんに刺されたい!たしなめられたい!」と開発者・演者とスペシャルゲストが和気あいあいになったところでステージイベントは終了。

PlayStation VRも発売から1年が過ぎ、「業界全体のVR技術のスキルも上がってきているので、1年前のものとは違うぞ、という気持ちで迎えていただければ」と原田氏。そして、玉置氏が「ここまでできたのはVRに興味とか好奇心を持ってくれたお客様のおかげ。これからも好奇心を持って見守ってほしい」と締めた。ちさとさんはもちろん、今後の「サマーレッスン」にも目が離せない!

 
●「サマーレッスン:新城ちさと 七曜のエチュード」製品概要
タイトル:サマーレッスン:新城ちさと 七曜のエチュード
メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
発売日 :2017年10月12日
ジャンル:VRキャラクター体験
価格  :基本ゲームパック 2759円(税別)/デラックス版 7704円(税別)
CERO  :C(15歳以上対象)

 
 
(TEXT by Shogo Iwai)

 
*東京ゲームショウ2017まとめはこちら

 
●関連記事
VRの音作りや心音製作の秘話公開! 「サマーレッスン」のサウンドはこうして作られた【CEDEC 2017】
PS VR「サマーレッスン:新城ちさと」、わがままお嬢様の魅力たっぷりなプロモーション映像公開
世間知らずな箱入りお嬢様に一般常識を教えよう!「サマーレッスン:新城ちさと」をちょっとだけ体験【TGS2017】

 
●関連リンク
バンダイナムコエンターテインメント
「サマーレッスン」ポータルサイト
「サマーレッスン:新城ちさと」
BNE「東京ゲームショウ2017」特設サイト

 
(C) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

LINEで送る
Pocket