Skyrim VRも体験できちゃう! ソニー、プレイステーションブースVR3作品体験レポート【TGS 2017】

LINEで送る
Pocket

9月21日より幕張メッセにて開催している東京ゲームショウ2017。今回はソニーのプレイステーションブースのVRゲームを3を紹介していく。

今回筆者が体験したのはソニー・インタラクティブエンタテインメントの「グランツーリスモSPORT」、スーパーマッシブ・ゲームズの「The Inpatient -闇の病棟-」、ベセスダ・ソフトワークスの「Skyrim VR」の3本。The InpatientとSkyrim VRについてはゲーム画面の撮影がNGであったため載せることができないがご了承いただきたい。

 

最初に紹介するのはグランツーリスモSPORT(レポート記事)。本製品の元々の発売予定が去年であったことから、10月19日の発売が待ち遠しい人は多いのではないだろうか。

 

グランツーリスモSPORT VR紹介動画(英語)

グランツーリスモは車のグラフィックや実際の車の動きに拘ったシミュレーターでありレーシングゲームでもある。そしてグランツーリスモシリーズはシリーズの最初の発売から今年で20周年を迎えた。

今回グランツーリスモの体験スペースではハンドルコントローラーとアクセル・ブレーキペダルが用意されており、よりリアルに近いVR体験をすることができる。

また用意されたハンドルコントローラーにはFFB(フォースフィードバック)機能がついており、ハンドルが自動で真ん中に戻ろうとしたり、地面の段差の感触などリアルに再現できるものであったためとてもリアルに近い運転を体験できた。

 

The Inpatient -闇の病棟-体験中の筆者

 

The Inpatient -闇の病棟- トレーラー

次に紹介するのは「The Inpatient -闇の病棟-」(レポート記事)。The Inpatientは体験者が病院で療養している記憶無くした患者となり、シナリオ進めていくことで与えられる多くの選択肢の選び方によって様々なエンディングを迎えるという「バタフライエフェクト」をテーマにしたホラーゲーム。

体験できる範囲では何かから走って逃げたり敵を倒したりという内容ではなかったので、シリアスな展開のホラーゲームをじっくり味わいたい人は体験してみるといいだろう。

 

Skyrim VR体験中の筆者

 

Skyrim VR プレビュー動画

最後にSkyrim VR(レポート記事)の紹介をする。Skyrimは「The Elder Scrolls」シリーズのうちの一つで、ゲーム好きなら誰もが1度はその名前を聞いたことがあるだろう人気RPG作品。今回はその作品の世界をVRで体験できる。

事前知識がなくても直感的に楽しめる内容であり、中世のような世界でモンスターなどを相手に魔法や剣で戦ってみたいという人にはおすすめ。

これら3作品のファンは一度プレイステーションブースに立ち寄ってみてはいかがだろうか。

 
(TEXT by まぶかはっと

 
*東京ゲームショウ2017まとめはこちら

 
●関連リンク
グランツーリスモSPORT
The Inpatient -闇の病棟- 公式ページ(英語)
Skyrim 公式サイト(英語)

LINEで送る
Pocket