「VRを作る人はクレイジーでなければいけない」 Oculus創業者、パルマー・ラッキー氏が熱弁【TGS2017】

LINEで送る
Pocket

9月21日から24日まで幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2017」のVR/ARコーナー内、VR用匂いデバイス「VAQSO」ブースで、21日のGOROman氏に引き続き、22日には「現代VRの父」と言っても過言ではないOculus創業者のパルマー・ラッキー氏とVAQSO CEOの川口健太郎氏によるトークイベントが開催された。なお、質問はあらかじめTwitter上で募集されていたものだ。

 

「東京ゲームショウは毎年来ているけど、ゲームを遊ぶ時間がなかったので今年は4日間ゲームを楽しんで帰ります!」と元気いっぱいのパルマー氏。

 

「VAQSO」CEOの川口健太郎氏。

 
まず皆の興味があるのはパルマー氏はOculus退職後何をしているのか、というところだが、現在はアメリカで防衛関連の会社を立ち上げた、ということ。それとは別にVRに関わるR&Dにも引き続き関わっているそうだ。

川口氏にはパルマー氏をどんな存在と感じているのか、という質問を投げ、「業界を支えてきた方であり、今後はVAQSO VRの量産化に向けていろいろなプロトタイプを送ってフィードバックを送ってくれれば」と回答。パルマー氏はそれに呼応して「VRの発展のために私にできることはやっていきますので、ぜひプロトタイプを送ってください」と前向きに返答。

パルマー氏のVAQSO VRについてのインプレッションは、「さまざまなVRに関わるデバイスに出合ってきたけど、VAQSOのいいところは匂いのクオリティーだけではなく、匂いがすぐに切り替わるということ」が一つ。匂いが残って別の匂いと混ざるのはVR匂いデバイスでは重大な問題とされてきたが、それを解決した、というのがポイントだ。

また、人間の五感のうち、嗅覚と味覚は極めて近しいものであるため、チョコレートの匂いを嗅ぎながら水を飲むとチョコレートドリンクを飲んでいるような感覚に陥った、という。川口氏によるとVAQSOで使われている匂いは「指向性が高い」ため、ピンポイントに少量のみ噴出してすぐに匂いが消えるという。

川口氏が匂いの研究をするきっかけになったのは、大学在学中に「オリジナル論」という、オリジナルが一番強く、その後は模写などをしてもオリジナルのクオリティーに追い付くことは難しい、という論を考え付いたことから始まった。それを判断するには感情を動かす必要があり、それは五感に訴えかける必要があるという。そこで五感を満たすためにあまり産業化されていないジャンルが嗅覚だった。香水とアロマテラピーくらいで、B2Bモデルが確立されていない五感の一つ、ということになる。

今後VRがどう進化していくかをパルマー氏に聞いたところ、「高解像度、高レスポンス、低価格、小型化はここ1~2年のうちに実現する。さらに、新しいテクノロジーがどんどん開発されていって、インプラントという技術も使われていくでしょうが、それには法律や規制が壁になってくると思われます。しかし、それにチャレンジすることが大切だと思います」と語っていた。VRゴーグルをかぶるだけでなく、よりよい体験を得るために人体に手を入れる、というチャレンジにも話題が及んだ。

「これを聞いてクレイジーだ、という人がいるかもしれませんが、VRを作る人はクレイジーでなければいけない」とも話してクレイジー談議が川口氏に飛び火し、パルマー氏は「そもそもVR技術で匂いデバイスをやるなんてのは相当リスクが高い事業なので、手を出すこと自体がクレイジー。川口氏にはもっとクレイジーになってほしい」「匂いの次は味に手を出したらさらにクレイジーといわれる」と言いたい放題に。

 

クレイジークレイジーと言ってますが、和気あいあいです。

 
また、問題を指摘されたらすぐに直してアップデートする川口氏のクイックレスポンスなところにはパルマー氏も惚れ込んでいる模様。

最後にパルマー氏にもっとVRを楽しむにはどうしたらいいか、という質問を投げかけたところ「今のVRシステムは数年前に10万ドルクラスした軍事目的のものより性能の高い物が500ドルくらいで買える。明日に延ばさず、今出ているVRシステムを買ってほしい。すでに持っている人は別の物を買ってほしい。そして東京ゲームショウという機会を利用して、様々なタイプのVRコンテンツを体験してほしい」と締めた。

 

イベントの最後にはパルマー氏、川口氏のサイン入りTシャツが観客に投げられてプレゼントされた。

今後、さらに発展するVRコンテンツ、そしてそのVRコンテンツをさらに匂いで拡張する「VAQSO VR」。発売は2018年となっている。今後の発表に期待したい。

なお、VAQSOブースでは9つのコンテンツを整理券配布方式で体験できる。コンテンツの詳細は後ほどレポートしたい。

 

とりあえず、AOI Pro.の「WONDERFUL WORLD」で女子に手を引かれるパルマー氏。

 
 
(TEXT by Shogo Iwai)

 
*東京ゲームショウ2017まとめはこちら

 
 
●関連リンク
VAQSO VR
VAQSO「東京ゲームショウ2017」特設サイト

LINEで送る
Pocket