匂いが出るVRデバイス「VAQSO」、TGSに初出展!一番人気はやはりカノジョでした【TGS 2017】

LINEで送る
Pocket

 

9月21日より24日まで、幕張メッセで開催された日本最大のゲームの祭典「東京ゲームショウ」2017。9・10ホールで展開された「VR/ARコーナー」の中でもひときわ大きなブースを構えていたのがVR HMD向け匂いデバイスの「VAQSO」ブースだ。モバイルオールインワンHMDからHTC VIVE、Oculus Riftまで様々なデバイスに装着できるという特徴を活かし、9種類のコンテンツを用意してTGSに臨んでいた。

同社ブースでは整理券が30分ごとに配布していたため、他のブースで体験できなかったが、ここでならVRを体験できる、と評判のようだった。

 

パルマー・ラッキー氏GOROman氏のステージイベントが話題になったが、それ以外にもステージでは開発スタッフによる対応ソフトウェア紹介や……

 

リアルさくらちゃんの撮影会が行われており、熱気がすごい!

さて、出展コンテンツのうちいくつかを紹介しよう。

 

 

やっぱり一番人気だったのは「VRサクラ」。さくらちゃんと〇ッキーゲームができるということで、多くのファンが列を作っていた。さくらちゃんの香りやチョコの匂い以外にもスイカの匂いがするとかしないとか……。「VRカノジョ」でのVAQSO正式対応にも期待が高まる。

 

「乖離性ミリオンアーサーVR」はウアサハのなでなでシーンの「効果オブジェクト」に匂いがつくという面白い試みを。TGSだけの実装、ということだがぜひ製品版にもほしくなる。

 

PlayStation VR版も正式告知。値段はSteam版と変わらず3980円(税込)で9月28日配信開始。

 

 

AOI Pro.の「BEAUTIFUL WORLD」は美少女の手を取って一緒に海岸を歩くという、視覚・聴覚だけでなく手と足の触覚まで再現するVRコンテンツ。TGSなどのイベントでしか遊べないコンテンツだったので人気が高かったタイトルのひとつだった。

 

シンガポール発のサイバー忍者アクション「SAIRENTO(サイレント)。なお、スペルミスではなく、正式タイトルだ。刀・手裏剣・銃で向かってくる敵ニンジャを倒すVR FPS。銃を撃つと火薬の匂いが、敵を倒すと血の匂いが……。 なお、こちらは通常版がSteamでアーリーアクセス中・12月に正式リリースの予定。

 

クリーク&リバー社のAndroidベースのオールインワンHMD「IDEALENS」を使用したコンテンツ。「激烈おとっつぁんのちゃぶ台返し」。ちなみにこのゲームではからあげなどの匂いがする。

 

THETAの「透明少女」のVAQSO用のスペシャルバージョンには女子が二人。

「VAQSO」による匂いを感じるVRを体験した人は、きっといろいろな妄想を膨らませているに違いない!? なお「VAQSO VR」は2018年春の発売予定となっているので興味のある方は今後のVAQSO社の動きに要チェック!

 
 
(TEXT by Shogo Iwai)

 
*東京ゲームショウ2017まとめはこちら

 
●関連記事
女子に唐揚げ、ラーメンも! VR匂いデバイスのVAQSO、TGS出展内容を明らかに

 
●関連リンク
VAQSO VR

LINEで送る
Pocket