「SteamVR Home」アップデート ゲームのショートカットにもなるトロフィーなどを追加

LINEで送る
Pocket


Valve Corporationは、「SteamVR Home」のアップデートを実施した。トロフィーが飾れるほか、スクリーンショットの配置など、さまざまな機能が新たに利用できるようになっている。当該の機能は「SteamVR ベータ」に参加することで利用できる。

 
●トロフィー
「SteamVRライブラリ」内のゲームを表すトロフィーを「SteamVR Home」に飾れるようになった。トロフィーは、ゲーム内の実績を反映し、バッジを作成することでアップグレードされる。ゲームへのショートカットとして使用できるほか、ホームスペースの装飾や、お気に入りのVR ゲームの進捗の表示にも使用可能だ。

 
●スクリーンショットと作品
お気に入りのゲームからスクリーンショットや作品を配置できるようになった。使用できるのは、プレイヤーによってアップロードされた画像やコミュニティの人気コンテンツなど。これらのパネルは、コンテンツブラウザの「小道具」メニュー、またはデフォルトの「SteamVR Home」の「環境」のコミュニティウォールから作成できる。スクリーンショットやアートパネルの端をトリガーボタンでつかめば、位置も自由に調整可能。

 
●SteamVR パネル
「SteamVR パネル」(最近のアプリ、フレンドリスト、ルームリスト)を環境や場所を問わず配置できるようになった。スクリーンショットや作品と同様、パネルはコンテンツブラウザの「小道具」メニューから作成でき、端をつかんで位置調整が可能。

 
●Steam Audio
「Steam Audio」が「SteamVR Home」に統合。デフォルトでポジショナルサウンドが有効化され、臨場感あふれるオーディオをワークショップ環境へ容易に統合できる。「Steam Audio」は 頭部伝達関数(HRTF)を使用し、直接音をバイノーラルにレンダリングすることで、リスナーに合わせた音源の位置を正確にモデル化。プレイヤーは、音源の位置の高低だけでなく前後も感じられるようになる。

 
●ボクシングのリング
アップデートに合わせて、サブスクライブして楽しめる「SteamVR Home」環境「ボクシングのリング」を新しく作成。サンドバッグをパンチし、ダンベルを持ち上げ、リングでトレーニングロボットと対戦できる。どれだけ速くトレーニングロボットをノックアウトできるか挑戦してみよう。

 
●その他のアップデート
・新しい家具の大量追加
・既存の小道具やツール、家具の視覚的忠実度改善
・小道具や家具のVR内での配置方法改良 ほか

 
●関連リンク
Steam ウェブサイト

LINEで送る
Pocket