バックパックPCにもなるVR対応ワークステーション「HP Z VR Backpack G1 Workstation」発表

LINEで送る
Pocket


日本HPは、VR対応のウェアラブルワークステーション「HP Z VR Backpack G1 Workstation」を11月下旬より順次販売開始する発表した。価格は58万円(税抜)。ハーネスを装着することでバックパックのように背負うことが可能。ドッキングステーションに取り付ければハイエンドなデスクトップワークステーションとして活用できる。

 
「HP Z VR Backpack G1 Workstation」は、人間工学に基づいたバックパック型設計とホットスワップ対応の電源を採用することで、制限のない自由な没入体験を提供。高性能の処理能力と最新のグラフィックスソリューションによって、ストレスを感じずにVRを使用できる。アプリケーションの高速処理を可能にするインテル Core i7 vProプロセッサーに加え、大容量の16GBビデオメモリーを備えるNVIDIA Quadro P5200を搭載したウェアラブルワークステーションとなっている。

 
専用のドッキングステーションに装着することで、デスクトップワークステーションとしても利用可能。コンテンツのデザインを行った後、すぐにウェアラブルに切り替え、シームレスに制作物をVR環境で確認できる。VR用オプション製品として「HTC VIVE Business Edition Virtual Reality Head Mounted Display」も発売予定。

 

 
●HP Z VR Backpack G1 Workstation 想定活用例
・危険な環境、医療訓練、重量やサイズが大きい装置の操作などのシミュレーション体験や、安全かつ効果的な研修が行える。
・建造物の建設開発において、仮想的に動き回って見せるウォークスルーを使用し、さまざまな確認が行える。
・製品開発においては、仮想ショールームで製品コンセプトを共有し迅速に製品化を進められる。
・商業エンターテインメントの分野で、新しいコンセプトのアトラクションが可能になる。

 

 
尚、日本HPの企業向け製品、サービス、ソリューションのショールーム「Customer Welcome Center」内には、VRを体験できるコーナーを10月17日に開設する。このコーナーでは、「HP Z VR Backpack G1 Workstation」も体験でき、さまざまな分野におけるVRの応用を提案していく予定だ。


●HP Z VR Backpack G1 Workstation
・販売開始日:11月下旬
・価格(HP Directplus):58万円(税抜)

 

また同時に、新デザインを採用したデスクトップワークステーション「HP Z8 G4 Desktop Workstation」「HP Z6 G4 Desktop Workstation」「HP Z4 G4 Desktop Workstation」の3機種も発表。デザインが刷新され、上位機種である「HP Z8 G4 Desktop Workstation」には、NVIDIA Quadro GP100を2枚搭載。NVIDIA NVLinkを使用しブリッジ接続することで、AI、ディープラーニングの用途で高いGPU性能を発揮する。

 
●HP Z8 G4 Desktop Workstation
・販売開始日:11月下旬
・価格(HP Directplus):30万円(税抜)~

 
●HP Z6 G4 Desktop Workstation
・販売開始日:11月下旬
・価格(HP Directplus):27万6000円(税抜)~

 
●HP Z4 G4 Desktop Workstation
・販売開始日:2018年1月初旬
・価格(HP Directplus):18万9000円(税抜)~

 
各製品の詳細は、公式サイトの製品情報ページをチェックしてほしい。

 
●関連リンク
HP Z VR Backpack G1 Workstation 製品情報ページ
HP Z8 G4 Desktop Workstation 製品情報ページ
HP Z6 G4 Desktop Workstation 製品情報ページ
HP Z4 G4 Desktop Workstation 製品情報ページ

LINEで送る
Pocket