ハロウィンにぴったり!? キュー・ゲームス「Dead Hungry」のPlayStation VR版を10月25日に配信開始

LINEで送る
Pocket

 

キュー・ゲームスは「Dead Hungry」のPlayStation VR対応版を10月25日に配信開始する。定価は1980円だが、10月25日~31日までは25%Offの1480円で購入できる。

「Dead Hungry」は屋台のバーガー屋となり、襲ってくるゾンビにハンバーガーやピザ、飲み物などを与えて満足させ、人間に戻す、というVRゾンビグルメアクションゲーム。

 

 

 

 

女子高生、サラリーマン、相撲取りなどがゾンビに!? 元に戻すにはおいしいハンバーガーを作って食べさせろ!

 

普通のハンバーガーはもちろん、バンズに消火器を挟んだものなど到底ハンバーガーとは言えないものも作成して食べさせることができる。

 

操作方法はPlayStation Move 2本持ちはもちろん、DualShock 4にも対応。

本作は2016年3月のキュー・ゲームスの社内ゲームジャムで誕生、同年7月に京都で開催された「BitSummit 4th」での出展を経て、同年12月にOculus Rift/HTC VIVE向けに製品化。「Unite 2017 Tokyo」では開発ポストモーテムが開催されている。

 
●関連記事
キュー・ゲームス、BitSummit 4thで好評を博した「Dead Hungry」をPC向けVR用に配信
1人ゲームジャムからイベント出展、商品化へ Q-Games「Dead Hungry」はこうして生まれた【Unite】

 
●関連リンク
キュー・ゲームス
Dead Hungry

 
(C) 2016-2017 Q-Games Ltd.

LINEで送る
Pocket