グリーとイオンファンタジー、子供向けVRゲーム機器を開発、2018年春より稼働

LINEで送る
Pocket

 

グリーとイオンファンタジーは「子供も遊べて笑顔になれるVR」をテーマにした「未来をあそぼ。ファンタジープロジェクト」を共同で立ち上げることを発表。

その一環として、子供向け単眼HMDを搭載したアミューズメントゲーム機器2機種を、イオンファンタジーの運営するアミューズメント施設「モーリーファンタジー」の300店舗(日本200店舗・中国100店舗)に2018年春より設置する。

現在VRにおいて主流となっている複眼ヘッドマウントディスプレイは子供の目の発達に影響を及ぼす可能性があり、13歳以上の利用が推奨されている。今回開発する機種のうち2機種は子供が簡単にかぶれるヘルメットの形の単眼ヘッドマウントディスプレイ「VRメット」を独自に開発。この「VRメット」はミラーを使用した機構を採用し、モニターと目の距離を確保し目が疲れにくい構造となっている。両社発表によれば子供向け単眼HMDを搭載したアミューズメント機器の開発は世界初とされる。

また、「VRメット」の採用やHMD、モニター、体感型の椅子の一体型筐体を開発することでオペレーター不要のアミューズメントVR機器の実現を目指している。ゲームの利用料金は筐体に直接コインを投入して行う方法になり、数百円で遊べるVRを目指すことで子供たちへのVRの体験機会を広く提供していく。

●VRゲーム3機種の概要
・子ども向けVRゲーム「VRぶっとび!バズーカ」(2018年春 登場予定・VRメット未使用)
・子ども向けVRゲーム「VRどっかん!ブロック」(2018年春 登場予定)
・子ども向けVRゲーム「VRびっくり!スライダー」(2018年夏 登場予定)

 

写真は「VRぶっとび!バズーカ」

イオンファンタジーは、イオングループの企業としてアミューズメント施設運営を行っており、「モーリーファンタジー」はイオングループ店舗内を中心に展開している。また、本発表に先駆け「モーリーファンタジー豊田店」において、クリーク・アンド・リバー社制作の単眼VR HMDによるVR映像体験を9月より常設設置している。

 
●関連記事
9/7オープン「モーリーファンタジー豊田店」に子どもでも楽しめる単眼VR用コンテンツを導入

 
●関連リンク
グリー コーポレートサイト
グリーのプレスリリース
イオンファンタジー 会社情報
イオンファンタジーのプレスリリース(PDF)

LINEで送る
Pocket