NTTドコモ、世界初となる8K60fpsのVR映像配信・視聴システムを開発 CEATECに展示

LINEで送る
Pocket


NTTドコモは、世界初となる8K60fpsVR映像配信・視聴システムを開発したと発表した。NTTテクノクロの「パノラマ超エンジン」を用いた2K映像を同時再生する仕組みによって、再生負荷を下げ、市販のPCによる8K映像の再生を可能にする。

 

 
通常、映像の再生負荷はコンテンツの解像度とフレームレートの積に比例するため、非常に高負荷な8K60fpsコンテンツは、ハイエンドなPCを用いても再生が困難だった。2K映像を同時再生するプレイヤーを使用することで、再生負荷を大幅に下げることにより、市販のPCでも8K映像の再生が可能となる。今回開発したシステムは、映像配信を行うサーバーと、ストリーミングによりコンテンツの再生を行うプレイヤー、高品質パノラマ映像を没入感高く視聴するための高品質ゴーグルから構成されている。

 
10月3日~6日に幕張メッセにて開催される「CEATEC JAPAN 2017」のNTTグループブースでは、同システムの展示を行う。1008ppiの高い画素密度と2K×2Kの解像度を実現したシャープ・IGZO液晶パネルを採用し、NTTドコモが新たに開発したゴーグルと、ヤマハ「ViReal」(関連記事)を用いた視聴する360度パノラマVR映像コンテンツを用意。音と映像がさまざまな方向から迫ってくるような感覚が体験でき、没入感の高いVR体験を実現している。

 
●CEATEC JAPAN 2017
・開催日時:10月3日~6日 10:00~17:00
・会場:幕張メッセ
 (千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
・入場:全来場者登録入場制
 - 当日登録 入場料 一般1000円 / 学生500円(学生20名以上の団体および小学生以下は無料)
 - ウェブ事前登録・招待券当日登録:入場無料

 
●関連リンク
NTTドコモ ウェブサイト
・CEATEC JAPAN 2017 公式サイト

LINEで送る
Pocket