Rezが! エースコンバットが! PSVRで!「PlayStation Experience 2015」基調講演レポ

LINEで送る
Pocket

1
はい、現地(アメリカ・サンフランシスコ・モスコーンウエスト)の岩井です!

 
12月5日午前10時(日本時間12月6日午前3時)にPlayStationの祭典である「PlayStation Experience 2015」がスタートし、基調講演が開催された。全体としては「ファイナルファンタジーVIIリメイク」や「二ノ国II」などの発表が国内外で注目を集めましたが、今回はPlayStation VRに特化した発表をお届けしよう。

 

日本のタイトルも続々VR化!

 
日本のゲーム会社からは、サマーレッスンでお馴染みのバンダイナムコエンターテイメントから「エースコンバット」シリーズの最新作「エースコンバット7」が正式発表された。本作はスタンドアローンでも遊べるが、PSVRに対応したモードも搭載される予定だ。

 

 
セガ在籍時代に「セガラリー」「スペースチャンネル5」などを生み出したクリエイター、水口哲也氏の新しいゲームスタジオからは「Rez∞(Infnite)」が電撃発表された。

 
001
ドリームキャストやプレイステーション2でヒットしたビデオドラッグ風3DシューティングをVRで楽しめる。

 
基調講演では、メジャーパブリッシャーや野心的な新規スタジオ作品も多数発表されていた。

 
・Eagle Flight(Ubisoft)

 
The Modern Zombie Taxi Co.(SCE Santa Monica/VITEI Backroom)

 
The Job Simulator

 
Gorem(Highwire Games)

 
100ft. Robot Golf

 
Psychonauts in the Thombus of Ruin(Double FineProduction)

 
海外の大型パブリッシャーとしては初のPS VR参入タイトルとなる「Eagle Flight」、元Bungie/Sucker Punchの開発者による新規スタジオ作品「Gorem」、カルトな人気を誇るアクションアドベンチャー「Psychonauts」のVR版など、多くの新規タイトルが発表された。

 
また、インディーゲームの祭典「Bit Summit 2014」などで人気を博したVRタイトル「Zombie Driver」が、「ゴッド・オブ・ウォー」などを手掛けているSCE Santa Monica Studioのプロデュースで世界発売されることも大きな話題となるだろう。

 
残念ながら今回はハードそのものの詳細発表はなかったが、多くの新作タイトル発表でアメリカのPS VRに対する評価も上がっていくことだろう。今後のラインナップの拡充にも期待したい。

 
なお、会場では「RIGS」「#DRIVECLUB VR」「London Heist」「EVE Valkirie」などを含めた多くのタイトルが試遊可能になっている。「Rez∞(Infnite)」も試遊コーナーで早くもデモ出展しているので、後程プレイレポートなどをお送りしたい。

 
(文/岩井省吾)

 
 
●関連リンク
PlayStation.com

LINEで送る
Pocket