「Unity plugin for STYLY」リリース決定 ブラウザでVRを実現する「STYLY」がより手軽に

LINEで送る
Pocket


Psychic VR Labは、10月4日に米国オースティンにて開催された「Unite Austin 2017」にて「Unity plugin for STYLY」をリリースすると発表した。Unityコンテンツを、ウェブブラウザだけで稼働するVRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」に簡単にインポートできる。

 
「STYLY」は、ブラウザだけで稼働するVRクリエイティブプラットフォームだ。クリエーターは一切のコードを書くことなく、ウェブベースのエディターでVR空間を構築しすぐに配信が可能となる。VRコンテンツは数分で主要なヘッドマウントディスプレイに最適化される。HTC VIVE用クライアントはリリース済で、Oculus Rift、GearVR、Daydream用クライアントも間もなくリリース予定だ。

 
「Unity plugin for STYLY」を使用することで、Unityコンテンツを簡単にVRコンテンツ配信に対応できる。主な特徴・仕様は以下の通り。

 
●Unity plugin for STYLY 特徴・仕様
・Unity Plugin for STYLYはUnity 5.6.3以上に対応。
・Unity PrefabはワンクリックでSTYLYにエクスポート可能。
・Amplify Shader Editor、Shader ForgeなどのUnityビジュアルシェーダエディタやShaderLab言語で作成されたカスタムシェーダも使用可能。
・Particle system with Shurikenに対応。
・Playmaker interactive contentsに対応。
・Mechanim animationに対応。
・C# scriptsはUnityアーキテクチャのセキュリティの問題のため非対応。

 
【その他 STYLYの機能】
・YouTube、Sound Cloud、Instagramは、STYLYから直接取り込み可能。  
・FBX、Blender、Sketchup、Wavefront Obj、TiltBrush fbxは、STYLYのクラウド機能によって変換することで、STYLYに取り込み可能。

 
●関連記事
多様な環境でVR空間を制作・配信できるプラットフォーム「STYLY」パブリックβ版リリース

 
●関連リンク
STYLY 公式サイト

LINEで送る
Pocket