UnityとAutodeskが協業を発表 FBXファイルの相互利用などを次期バージョンで実現

LINEで送る
Pocket


ユニティ・テクノロジーズは、10月4日に米国オースティンにて開催された「Unite Austin 2017」にて、オートデスクとの協業を発表した。

 
今回の協業によって、ユニティ・テクノロジーズは「Autodesk FBX SDK」のソースコードへアクセスできるようになり、「Autodesk 3ds Max」および「Autodesk Maya」などを使って制作されたFBXファイルを、Unityへインポート/Unityからエクスポートする機能を強化する。

 
10月リリース予定の「Unity 2017.2」に、FBXファイルのインポート/エクスポート機能を含むほか、Autodeskの物理ベースシェーダーとカスタムプロパティをサポートする。

 
●関連リンク
Unity ウェブサイト
オートデスク ウェブサイト

LINEで送る
Pocket