シャワーヘッド目線で水着美女を堪能! アジアで話題の「ありがてぇ」360動画で見られた部位は……

LINEで送る
Pocket

置いたカメラの周囲すべてを記録してくれる360度動画は、VRゴーグルにとって欠かせないジャンルのひとつ。すでにfacebookやYouTubeもユーザーからの360度動画の投稿を受け付けており、スマートフォンの各アプリを使って視聴が可能です。

 
そんな360度動画の中でもグラビアアイドルは、先日もエレキコミックさんが体験して大いに可能性を感じていたように、太いジャンルとして成長していきそうな予感がビンビンします。

 
という前置きがあったうえで、PANORAではアジアで注目を集めているという、グラビアアイドルの360度動画情報をキャッチしました!! 「Swimsuitgirl」というプロジェクトで、9月28日にfacebookページに投稿された「#29 もしもシャワーヘッドになれたなら / Stay longer at showerroom.」という作品が13万再生を超えてバズっているようです。

 

 
内容としては、タイトルの通りシャワーヘッド目線で椿原愛さん(TwitterInstagram)が水浴びする様子を堪能できるというフェティッシュなもの。「意味がわからない」というそこのアナタ。大丈夫です! この原稿を書いている本人も意味がわかりません!

 
360度動画なので、スマホアプリで開いて端末を見たい方向にかざすことで左右や後ろなども見られますが、まぁ普通は正面しか見ないですよね! さらにVRゴーグルを使えば、視界いっぱいが映像に覆われて彼女の極上ボディーを間近に感じられるので、これはぜひ体験して欲しいところです。

 
このSwimsuitgirlは、若干セクシーなスポーツコスチュームの販売で知られるUEVOと、360度撮影を手がける渡邊課がタッグを組み、360度動画を使ってグラビアの可能性を追求するというプロジェクトになっております。過去作品をたどると、ビキニ(!)やフロントジッパー競泳水着(!!!)など、大層ありがたいお宝が山のように発掘されます。

 

 

 

 
撮影を担当した渡邊課の渡邊徹氏によれば、再生の上位3位が東南アジア圏で、アメリカ、メキシコに続いて日本という国・地域で見られているとのこと。どうやら東南アジアのフェチコミュニティでシェアされて火がついた模様です。facebookのコメントを見てみると、「こんなバカなことやるなんて」「これは夢だ」といった好意的なものが寄せられているとか。

 
さらに興味深いのが、極秘でいただいた360度でどこを見られていたかが視覚的にわかるヒートマップ付きの動画です。

 

 
やっぱり胸ばっかりじゃないですかヤダー!

 
まぁあえてこの状態でバスタブや床を見る人もいないとは思いますが、本能に忠実ですね……。

 
というわけで、日本でももっと知られて評価されるべきこのSwimsuitgirlシリーズ。ぜひfacebookページを登録して、スマホ向けVRゴーグルをゲットして閲覧すると、「VRってすっげぇ」という実感を得られると思います!!

 
 
●関連リンク
Swimsuitgirl
UEVO
全天球映像作家 渡邊課

LINEで送る
Pocket