Galaxy Note8対応の新モデル! サムスン電子ジャパン、「Galaxy Gear VR with Controller」を10月26日発売

LINEで送る
Pocket

サムスン電子ジャパンは10月11日、新型スマートフォン「Galaxy Note8」の装着に対応した「Galaxy Gear VR with Controller」をKDDIと沖縄セルラー電話向けに納入し、10月26日よりauオンラインショップおよび、KDDI・沖縄セルラーの直営店限定で販売することを発表した。

製品名に変更はないが、新モデルでは前述のとおりGalaxy Note8の装着に物理的に対応したほか、右側面のボリュームキーをなくし、コネクター部分のギミックも改善。これによりシンプルなデザインとなるなど、ハードウェア部分の変更が中心。

 

Galaxy Gear VR with Controller 体験デモ映像

Galaxy Gear VR with Controllerは本体側面のタッチパッドに加え、専用コントローラーでのリモートコントロールが可能となっている。

 

ゴーグル本体。

ゴーグル本体は大型レンズによる101度の視野角や光の反射を最小限に抑制する暗い色の内部素材、顔の形にフィットし外部からの光の漏れを減少させる人間工学に基づいた設計により、VR体験の臨場感を高めている。

 

コントローラー。

コントローラーは円形のタッチパッドやホームボタンと「戻る」ボタン、トリガーボタン、音量ボタンを備え、さまざまなモーション入力による操作が可能で、カーブしたデザインでグリップ感を高めている。このコントローラーは単体での購入もできる。

またOculusの360度コンテンツプラットフォーム「Oculus Store」を通じて、ゲームや映画、スポーツ、ライブ映像など、1000以上(2017年10月時点)もの360度コンテンツをダウンロードして楽しむことができる。

その他、海外ドラマやアニメ、音楽ライブなど1万以上の360度コンテンツを楽しむことができるVRサービス「SAMSUNG VR」もこれまでの製品同様に利用できる。

●製品仕様
 

※クリックで拡大

 

※クリックで拡大

 
(TEXT by まぶかはっと

 
●関連リンク
Gear VR 特設ページ

LINEで送る
Pocket