全方位の立体音響を再現!新VRオーディオへの取り組み「PROJECT OMNIVERSE」始動

LINEで送る
Pocket

ゼンハイザージャパンは10月12日、新製品発表VRオーディオに関する取り組みなどについての内容を含むプレス発表会を行った。

同日は新型のイヤホンやヘッドホンのお披露目に加えて、ゲームタイトル「Need for Speed Payback」とのコラボモデル製品、ディヴァースと協力した新VRオーディオへの取り組み「PROJECT OMNIVERSE(プロジェクトオムニヴァース)」の始動。

またセンハイザーの新しいコーポレートロゴのリニューアルやヒューマンビートボックスの大会「Japan Beatbox Championship 2017」の公式スポンサーとなったことたことなど多岐にわたった。

今回はVRの取り組みを中心に紹介しよう。

 
 

ゼンハイザーとディヴァースが共同で行うVRオーディオの取り組み「PROJECT OMNIVERSE」

 

ディヴァースCEOの沼倉正吾氏。

ゼンハイザーとディヴァースの共同プロジェクトPROJECT OMNIVERSEの説明にはディヴァースCEOの沼倉正吾氏が登壇した。

PROJECT OMNIVERSEではVR空間において臨場感や没入感を高める要素として、視覚の次に重要なものは聴覚と触覚であると考え、聴覚に注力したVR空間の中での立体音響シミュレーションの実証実験を開始した。

 

具体的には、ディヴァースが提供するVR空間でのコミュニケーションと意思決定を促進するソフトウェア「SYMMETRY(シンメトリー)」(関連記事)の技術を使用。

また協力関係にあるゼンハイザーはゼンハイザーが開発・提供する全周360度の空間全体の音場を再現する音響技術「Ambisonics(アンビソニックス)」を用いた「Ambeo VR Mic」を提供。

さらにコンテンツへの没入感を高めるために音声監修としてオーディオキネティック社も協力。音の残響を効果的に測定可能な信号「インパルスレスポンス」を用いながら、音の合成、編集を行う。これによりVR空間に最適な立体音響の開発を行うというのがプロジェクトオムニバースだ。

そして以下の2つの動画はそのデモンストレーションとして実験的に制作した動画である。

 

PROJECT OMNIVERSE デモ360度動画 1

 

PROJECT OMNIVERSE デモ360度動画 2

これらの動画は京都府の建仁寺で撮影、録音を行っており1つ目の動画では室内でお坊さんがお経を読んでいるシーン。2つ目の動画では室内で茶道を行っているシーンを撮影している。

将来的な利用シーンとして、ビジネス分野では不動産におけるマンションや戸建て住宅の室内環境、コンサートホールのデザインや演出、店舗やオフィスデザインにおける室内音響の再現。エンターテインメント分野ではコンテンツ開発におけるハイエンドな音響演出、効果などを想定しているという。

 
 

PROJECT OMNIVERSEデモコンテンツを体験レポート

 

今回は会場にて先ほどの1つ目のデモ動画を体験できた。使用していた実機はHTC VIVE。

 

またGear VRでも体験が可能であったが、スタッフによるとHTC VIVEで体験するものと内容は同じとのこと。

実際に体験してみるとやはり音響に関するこだわりが強く感じられた。Ambeo VR Micを用いた収録のおかげか、特に比較的静かなお寺の中の空間では木魚や鈴(りん)などの心地よい音の広がりを感じることができた。また目を閉じて辺りを見回してみても、どの方向から音が鳴っているのか音の響きによって容易に感じることができた。

前述のYoutubeの360度動画では筆者が体験したVIVE版と環境は異ってしまうが、スマートフォンを使ったVRゴーグルなどでも遜色ない体験ができる。

PROJECT OMNIVERSEの今後について沼倉氏に尋ねると、次の段階としてインパルスレスポンスと3DCADによる空間音声のシミュレーションを始めるとのこと。そこでは空間の大きさや空間を構成する建材を計算に入れて音響のシミュレーションが可能になる予定であるという。

またPROJECT OMNIVERSEはビジネスツールとして有用な他、エンターテインメント性のあるコンテンツを制作することも可能なため、様々な利用価値があると語っていた。

 
 

人気製品の最新&コラボモデルも発表!

 

製品名:HD 660 S
発売予定:11月中旬
価格:5万5000円(税抜き、以下同)
型式:オープン型
周波数特性:10~41,000 Hz(-10 dB)
インピーダンス:150Ω
音圧レベル:(SPL) 104 dB
接続ケーブル:6.3mm ステレオ標準プラグ
4.4mm Pentaconn (バランス)
重量:約260g(ケーブルなし)

「HD 660 S」は2004年に発売した「HD 650」の後継機種として作られ、オーディオビジュアルアワード「VGP2015」の開放型オーバーヘッド型ヘッドホン(5万円以上7万円未満)の部門で金賞を受賞している人気モデルだ。

 

製品名:IE 80 S
発売予定:10月26日
価格:4万円
型式:カナル型
周波数特性:10–20,000 Hz
インピーダンス:16Ω
音圧レベル:(SPL)116 dB
接続ケーブル:3.5mm ステレオミニプラグ(ストレート型)
重量:約18g

 

製品名:IE 800 S
発売予定:11月中旬
価格:12万円
型式:カナル型
周波数特性:8~41,000 Hz(-3dB)
5~46,500 Hz(-10dB)
インピーダンス:16Ω
音圧レベル:(SPL)125dB
接続ケーブル:3.5mm ステレオミニプラグ(L型)
2.5mm (バランス)
4.4mm Pentaconn (バランス)
重量:約8g(ケーブルを含む)

 

製品名:Momentum Free
発売予定:11月中旬
価格:2万4000円
型式:カナル型
周波数特性:15~22,000 Hz
音圧レベル:(SPL)118dB
無線規格:Bluetooth 4.2
サポートプロファイル:A2DP+AVRCP+HSP+HFP
コーデック:SBC,apt-X,apt-X LL,AAC
充電時間:約1.5時間
充電ソケット:USBマイクロ タイプ-B
動作時間:6時間
重量:約17g

 

製品名:GPS 303 Need for Speed Paybackエディション
発売予定:11月10日
価格:オープンプライス、市場想定価格は税抜き1万1000円
型式:密閉型
周波数特性:15~26,000Hz
インピーダンス:19Ω
音圧レベル:(SPL)113dB
接続ケーブル:コネクタ 3.5mm × 2(PC 用)、3.5mm × 1(Mac/iPhone/PS4/Xbox One 用)
重量:18g
その他:マイク部ノイズキャンセリングマイクロフォン(周波数特性:10 Hz–15,000Hz、感度:-41dBV/PA)

11月10日発売のカーレースアクションゲーム「Need for Speed Payback」とのコラボモデル。こちらは国内では限定100台の販売予定となっている。

 

また、既に発売しているゲーミング用ヘッドセット「GAME ONE」と「GSP 300」は、スクウェア・エニックスからゲーム「ファイナルファンタジーXIV」のプレイにおける推奨機器の認定を受けた。

 
(TEXT by まぶかはっと

 
●関連リンク
ゼンハイザー ウェブサイト
ディヴァース ウェブサイト

LINEで送る
Pocket