InstaVR、遠隔VR接客機能の提供開始 遠隔地でもVR体験者の視界を複数同時閲覧可能に

LINEで送る
Pocket

InstaVRは10月17日、遠隔VR接客機能の提供を同日より開始したことを発表した。遠隔地のオペレータが同時に閲覧し、視界誘導と説明で遠隔接客をリアルタイムに行えるようになる。

この機能によりInstaVR導入企業は、VR体験を複数の人へ同時視聴すること可能にし、また離れた場所であっても、リアルタイムでの接客と案内を可能するとしている。

 

遠隔VR接客機能の仕組み図。

これまでVR体験者の視界を共有するには、デスクトップPCで用いるような液晶ディスプレーにその視界を表示し、なおかつその液晶ディスプレーの映像を見るためには同じ部屋にいる必要もあった。

しかし本機能では、InstaVRのウェブダッシュボードを通じて、遠隔地での体験共有はもちろん、体験者のVR体験をリアルタイムに更新することも可能。オペレーターとユーザーの1対1または1対多、多対1、多対多のいずれでも行うことができる。

対応プラットフォームはiOS、Android、Google Cardboard、Samsung Gear VR、Oculus Go、Google Daydream、HTC Vive、Oculus Rift、ウェブ(デスクトップ/モバイル)を含む主要なものにほぼ全て対応。さらにVR体験者の視界映像はサーバーに保存されるので、いつでも再生して振り返ることができる。

InstaVR代表取締役である芳賀洋行氏は、「遠隔VR接客機能は、開発段階から導入された企業から非常に好評をいただいています。遠隔VR接客機能は、場所に関係なく、VR体験提供者とVR体験者のリアルタイムの接点増加を促進する、バーチャルリアリティを次のレベルへと引き上げる機能だと確信しています。遠隔VR同時視聴および案内機能の様々な活用例を見るのが楽しみです」とコメントしている。

 
●関連リンク
InstaVR ウェブサイト

LINEで送る
Pocket