PS.Blogに寄せられた絶対遊びたいPS VRタイトルは?「GT SPORT」ら7本が名を連ねる

LINEで送る
Pocket


ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、PlayStation .Blogにて「コレは絶対に遊びたい! “期待のPS4タイトルとその理由”に寄せられたコメントを一挙紹介!(前編/後編)」を公開した。

 
今後も多数のタイトルの発売が控えているPlayStation 4(以下、PS4)ソフトウェアだが、PlayStation .Blogには発売予定タイトルに多くの期待の声が寄せられており、今回その一部が紹介された。このうち、PlayStation VR(以下PS VR)対応および専用タイトルは、30本中7本となっており、新型が発売されたばかりのPS VRにも有力なタイトルが揃っていることがわかる。

 
●PS VR対応/専用の期待のPS4タイトル
・ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS(コナミデジタルエンタテインメント)
・エースコンバット7 スカイズ・アンノウン(バンダイナムコエンターテインメント)
・グランツーリスモSPORT(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
・クーロンズゲートVR Suzaku(ジェットマン)
・The Elder Scrolls V: Skyrim VR(ベセスダ・ソフトワークス)
・V!勇者のくせになまいきだR(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
・MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV(スクウェア・エニックス)

 

10月19日に発売となった「グランツーリスモSPORT」に寄せられた期待の理由では、「今現在最高のグラフィック体験がしたくて。4KテレビとPS4 ProにPS VRまで準備バッチリだから」と、コンシューマー機における最高峰のグラフィック体験を最高の環境でプレイできることへの期待感がうかがえる。

 

また、12月14日発売予定の「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」には、「VRによる小手調べ(臨場感やできる事の基本部分)は十分堪能したので、コントローラーではなく自分の手で操作でき、かつ広大な世界を自由に旅できる。本当の意味で冒険心をくすぐられる」と、本作においてオープンワールドとVRの完全な融合を望む声が挙げられている。

 
●そのほかの期待のPS4タイトル
・アイドルマスター ステラステージ(バンダイナムコエンターテインメント)
・ARK: Survival Evolved(スパイク・チュンソフト)
・アサシンクリード オリジンズ(ユービーアイソフト)
・いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY(スクウェア・エニックス)
・巨影都市(バンダイナムコエンターテインメント)
・KINGDOM HEARTS III(スクウェア・エニックス)
・CODE VEIN(バンダイナムコエンターテインメント)
・コール オブ デューティ ワールドウォーII(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
・サイコブレイク2(ベセスダ・ソフトワークス)
・真・三國無双8(コーエーテクモゲームス)
・Star Wars バトルフロント II(エレクトロニック・アーツ)
・地球防衛軍5(ディースリー・パブリッシャー)
・DISSIDIA FINAL FANTASY NT(スクウェア・エニックス)
・DEATH STRANDING(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
・Detroit Become Human(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
・電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機(セガゲームス)
・.hack//G.U. Last Recode(バンダイナムコエンターテインメント)
・二ノ国II レヴァナントキングダム(レベルファイブ)
・信長の野望・大志(コーエーテクモゲームス)
・FINAL FANTASY VII REMAKE(スクウェア・エニックス)
・北斗が如く(セガゲームス)
・モンスターハンター:ワールド(カプコン)
・龍が如く 極2(セガゲームス)

 
PS VRを含む「期待のPS4タイトルとその理由」は、PlayStation .Blogに前後編が掲載されているので、興味がある人はぜひあわせてチェックしてみよう。

 
●関連リンク
「コレは絶対に遊びたい!」 “期待のPS4タイトルとその理由”に寄せられたコメントを一挙紹介!<前編>
「コレは絶対に遊びたい!」 “期待のPS4タイトルとその理由”に寄せられたコメントを一挙紹介!<後編>

 
(C)2017 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.
Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties. “Gran Turismo” logos are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.
Produced under license of Ferrari Spa. The name FERRARI, the PRANCING HORSE device, all associated logos and distinctive designs are property of Ferrari Spa. The body designs of the Ferrari cars are protected as Ferrari Spa property under design, trademark and trade dress regulations

 
(C) 2017 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company. The Elder Scrolls, Skyrim, Bethesda, Bethesda Game Studios, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket