1964年の渋谷をVR再現する「1964 SHIBUYA VR」プロジェクトが始動! 欽ちゃんこと萩本欽一氏も参加

LINEで送る
Pocket

「一般社団法人1964 TOKYO VR」は10月25日、同法人の設立を発表した。また同日より、渋谷の過去の街並みをVRで再現する「1964 SHIBUYA VR」プロジェクトを始動する。

 

 
「一般社団法人1964 TOKYO VR」は、土屋敏男氏(日本テレビ)と齋藤精一氏(ライゾマティクス)、永田大輔氏(DISTANT DRUMS)の3名を理事として設立。過去の写真の風景をVR化することで、「記憶の中の街並み」を再現していくプロジェクトの推進が目的である。

個人、企業から写真を集め、様々な地域において、参加者が「記憶の中の街並み」をVRで回遊する体験の提供を行うとしている。

プロジェクト第1弾としてスタートする「1964 SHIBUYA VR」では、東京オリンピックが開催された1964年の渋谷界隈をVRで再現。

現在は東京急行電鉄、渋谷区、宮益坂町会、読売新聞による写真提供や、「Maya」「3ds Max」などを開発するオートデスクによる技術提供を受けてプロジェクトを推進しており、バンタンゲームアカデミー、デジタルハリウッド大学の教員や学生も制作に協力している。

今後は広く個人や企業からの写真、技術提供を募り、高精度のVRとなった街並みを再現するとのことである。

 
●「1964 SHIBUYA VRプロジェクト」への写真寄付方法
※1964年から前後約10年間に撮影された渋谷の写真が対象。

1、写真をスキャンし、ウェブサイトのフォームにてファイルを選択する。
2、撮影年や撮影場所などの情報を入力。
3、投稿者名(ニックネーム可)などの投稿者情報を入力。
4、ページ下の投稿ボタンをクリック。

※投稿者の登録名は、ウェブサイトクレジットコーナーにて公開。また、写真原本の郵送も受け付けているが、写真の返却は不可。

また、活動理念に賛同する人と創る共同プロジェクトとして運用するため、活動を支援する賛助会員も募集している。第1号特別賛助会員として萩本欽一氏の参加が決定している。

 

 
(TEXT by 高橋佑司)

 
●関連リンク
1964 TOKYO VR

(C) 2017 1964 TOKYO VR

LINEで送る
Pocket