筑波大デジタルネイチャーグループら、新しい空中映像表示技術「Air Mounted Eyepiece」発表

LINEで送る
Pocket


筑波大学 デジタルネイチャーグループとピクシーダストテクノロジーズは、空中に映像を表示するための新しいシステムとして「Air Mounted Eyepiece(エアマウントアイピース 以下、AME)」を発表した。

 

落合陽一氏、大峠和基氏、大曽根宏幸氏、筑波大学 デジタルネイチャーグループ、ピクシーダストテクノロジーズが開発したAMEは、Transmissive Mirror Deviceを利用することで、ゴーグルを装着することなく、バーチャルレンズを目の前に配置する手法を採用。実世界を透過しつつ、広い視野角を保ちながら、目の前に3D映像を表示する。MR/AR分野の技術向上に加え、自動車でのドライビングやデスクトップワークなどにおけるアプリケーションで使用するための3Dイメージング方法として使用できる。

 

 
今後、本技術について議論を重ねることで、接眼レンズの研究に貢献していきたいとしている。

 
●関連リンク
筑波大学 デジタルネイチャーグループ Air Mounted Eyepiece(英語)

LINEで送る
Pocket