Facebook、開発コンテスト・Mashup Awards予選を兼ねたARハッカソン実施 応募は本日まで

LINEで送る
Pocket


Facebookは、11月11日~12日にFacebookオフィスにて、Mashup Awards運営委員会と共催による「Facebook AR Studioワークショップ&ハッカソン」を開催する。参加募集締切は本日10月31日まで。

 
「Facebook AR Studioワークショップ&ハッカソン」は、Facebook AR Studioが提供するAR機能とデータとの融合を用いて、共有を促進するAR技術の新たな可能性の発見を目的としたハッカソンイベントだ。「AR Studio」をテーマに、限られた開発者・クリエーターのみが扱える技術だと思われているARをGUIベースのツールとして提供することで、ARを用いたビジュアル表現活用の裾野をより多くのクリエーターの方に広げる。また、これまで複雑なコーディングが求められていた動作や顔の表情を認識するなどの機能を、コードを書くことなく実現できるほか、外部ソースのデータを取り込みによって、アートと融合することなども可能だ。

 
募集枠はエンジニア枠30人、デザイナー枠10人、経験豊富なディレクター枠10人。人数を越えた場合は抽選となる。以下のような人を積極的に参加募集しているとのこと。

 
・データと映像技術の融合を実現できる・興味を持っているエンジニア
・AR技術を用いた新たなビジュアル表現に興味を持っているデザイナー
・体験の共有を促進できる技術を思い付ける、経験豊富なディレクター

 
本ハッカソンイベントの最優秀賞チームには、Facebookノベルティグッズなどが贈られる。さらに、日本最大級の開発コンテストである「Mashup Awards」と連携し、予選を兼ねて実施するため、Mashup Awards特別賞を受賞したチームは予選通過となり、12月10日に東京で開催される準決勝に進出することになる。最優秀賞100万円のほか、50種類程度のさまざまな賞が用意されている。参加者同士で作品に触れ合い、ネットワークが広がることも魅力だ。

 

Facebook AR Studioワークショップ&ハッカソン

・開催日時:11月11日10:00~12日20:00
・募集締切日時:10月31日23:59
・会場:Facebookオフィス(六本木一丁目駅 / 神谷町駅 徒歩10分圏)
・募集人材:
 - エンジニア枠 30人
 - デザイナー枠 10人
 - 経験豊富なディレクター枠 10人

 
応募方法やイベントの詳細はconnpassのイベントページを必ず確認してほしい。

 
●関連リンク
Facebook AR Studioワークショップ&ハッカソン 応募・詳細ページ(connpass)

LINEで送る
Pocket