近藤“GOROman”義仁氏の講義「VR/ARビジネスと開発技法の最前線2017」第2弾が11/12開催

LINEで送る
Pocket


角川アスキー総合研究所は、11月12日に角川第3本社ビルにて、エクシヴィ代表取締役の近藤“GOROman”義仁氏が講師を務めるセミナーイベント「VR/ARビジネスと開発技法の最前線2017 Part.2」を開催する。ゲスト講師として、日本マイクロソフト テクニカルエバンジェリストの高橋忍氏も登壇する。

 
本講義は、Oculus Japanの立ち上げに携わるなど、いちはやくVR/ARコンテンツを手掛けてきた、エクシヴィ代表取締役社長の近藤義仁氏による“VR/ARビジネスのすべて”が1日で分かる集中型講義だ。4月に開催して好評を博した講義の第2弾として、今回は注目度が高まっている “ARコンテンツ開発の実践”についての話題を多数取り扱うほか、近藤氏が本年10月に深センや上海、エストニアなど、VR/ARなどの技術発展が著しい各国を視察してきた先進諸国の最新事情についての豊富な情報を参加者に届ける。

 

VR/ARビジネスと開発技法の最前線2017 Part.2 ~VR/AR/MRが巻き起こす“マウス以来の進化”に乗り遅れるな!!~

・開催日時:11月12日13:00~19:00(受付開始・開場 12:30)
・会場:角川第3本社ビル
 (東京都千代田区富士見1-8-19)
・参加費:1万8900円
・募集人数:50名
・対象者:コンテンツ・ゲーム・B2B・業務分野で、VR/AR/MRを活用、または活用したいと考えている経営者、部門責任者、スタートアップの関係者、エンジニア。
・講師:近藤義仁(エクシヴィ 代表取締役社長)
・ゲスト講師:高橋忍(日本マイクロソフト テクニカルエバンジェリスト)
・主催:角川アスキー総合研究所

 
●当日のアジェンダ
世界の VR/AR/MR ビジネス最前線
VR/AR/MR技術を活用したビジネスにおいて先を行く、中国深セン・上海・北欧フィンランド、また最近急速に注目され出しているエストニアのVRコミュニティを実際に視察してきた講師が、現地におけるVR/AR/MRの盛り上がりやビジネス事情について、その最新状況を伝える。さらに開発者のあいだで話題を集めている、フィンランドVarjo社の超高解像度HMD体験についても触れる。

 
最新のVR/AR/MR 基礎知識
VR/AR/MR技術の基本から最新のVRデバイス「Windows Mixed Reality ヘッドセット」まで、実機デモンストレーションを交えながらわかりやすく解説を行う。

 
VR/AR/MR コンテンツ開発、運用の落とし穴とその対策
コンテンツ開発における基本の技法から、最新デバイスでの開発方法と対策、体験展示、運用する際のコツについて知見をシェアする。

 
実践 Windows MR コンテンツ開発
ゲームエンジンであるUnityを用いながら、Windows Mixed Reality ヘッドセットによるコンテンツを実際に開発する手法を学ぶ。

 
登壇者トークセッション:VR/AR/MRの未来
Windows Mixed Reality ヘッドセットの登場で、今後の未来はどう変わるのか。質疑応答も交えながら、ビジネスのターゲットも含めて、VR/AR/MRの未来について登壇者による対談を行う。

 
講義への参加方法などはPeatixのイベント詳細ページを必ず確認してほしい。

 
●関連リンク
VR/ARビジネスと開発技法の最前線2017 Part.2 詳細・参加申込ページ(Peatix)

LINEで送る
Pocket