アドアーズ、「VR PARK TOKYO」2号店となる池袋店を12月上旬にオープン

LINEで送る
Pocket

アドアーズは現在渋谷にて稼動中のVRエンターテインメント施設「VR PARK TOKYO」の第2号店を、2017年12月上旬より池袋にオープンすることを発表した。

VR元年といわれた2016年の末、アドアーズは同社初のVRエンターテインメント施設として渋谷にVR PARK TOKYO(関連記事)をオープンした。それから約1年、同店舗ではこれまでに様々なVRアトラクションを定期的に導入・入れ替えを行い、 運営ノウハウも蓄積していた。

今回オープンするVR PARK TOKYO2号店では、その渋谷で得た店舗デザインの工程から機器の準備、人材育成や料金設定などの開発・運営ノウハウを活用。基幹店舗の一つである池袋のアドアーズサンシャイン店の3Fを使い、12月上旬よりオープンすることとなった。

2号店は渋谷店と比べて広い営業面積を有効に活用し、国内初登場のVRアトラクションも準備している。また、より大人数でのプレイを想定したラインアップを用意することで差別化を図っており、渋谷店をカップル向けとした場合、池袋店はグループ向けの店舗作りをコンセプトとしている。

店舗の詳細については、追って公開するとのことだ。

 
(TEXT by まぶかはっと

●関連リンク
アドアーズ
VR PARK TOKYO 渋谷店

LINEで送る
Pocket