ダズルとバンタンが産学連携 来年4月から「VR・MRクリエイター総合コース」を新設

LINEで送る
Pocket


ダズルは、バンタンゲームアカデミーにて新しく開講する「VR・MRクリエイター総合コース」との産学連携を決定した。開講記念イベントでは、ダズルが開発したマルチプレイVR-FPS「Rays」を題材に、VR市場とVRゲーム開発秘話についての講演を実施する。

 
ダズルでは、VRコンテンツをはじめとした開発技術の側面からVR業界に貢献していくことを目的とした取り組み「Dazzle VR Tech Action」を今年5月より開始しており、これまでに「TECH::CAMP」や豊橋技術科学大学、コードアカデミー高等学校などで、講演や学生向け開発体験イベントを行っている。バンタンゲームアカデミーが新設する「VR・MRクリエイター総合コース」は、VRとCGの両側面から知識や技術を学び、VR業界において多面的な活躍が期待されるクリエイターの育成を目指すことを主旨としており、ダズルがこの主旨に共感し、今回の産学連携に至った。

 

バンタンゲームアカデミー「VR・MRクリエイター総合コース」

・開講時期:2018年4月
・開講場所:バンタンゲームアカデミー 東京校/大阪校
・通学期間:3年制 週5コース
・募集定員:25名(東京)※定員に達し次第、募集終了。
・学費:140万円(税抜) ※初年度学費。別途入学金及び教材費が発生。
・目指せる職業: VR・MRゲームクリエイター/ゲームプログラマー/ゲーム3DCGデザイナー/テクニカルアーティスト/ゲームディレクター/インターフェースデザイナー/VR映像エンジニア など

 
バンタンゲームアカデミーは「業界に最も近い総合エンターテイメントスクール」をコンセプトに、ゲーム、アニメ、マンガ、声優等の分野の即戦力人材を育成する専門校として知られる。昨年は「VR元年」とも言われ、VRデバイスの発売やVRを活用したコンテンツが次々と発表されるなど大きな注目を集めた。現在はゲームや映像の分野で急成長を遂げているVRの業界は、2020年に1兆円規模の産業になるとも言われており、今後はスポーツや医療、教育、観光などの分野でもその技術が活用されていくと考えられている。このような市場動向から、今後、VR・MRの専門的な知識や技術を習得する人材の育成が必須であると考えた。

 
当コースの開設決定以前から、在学生の希望によってVRのゲーム製作を授業の一部に組み込んでいた背景を踏まえており、今後の更なるVR製作技術の需要に対応すべく、VR・MRの専門コースとしての新規開講を決定。VR制作を通じてプログラムとCGの両方を学び、将来的にゲーム業界でニーズの高いテクニカルアーティストへと成長していける人材の育成を目指す。

 
●開講記念イベント
・開催日時:11月12日 13:00~14:00
・会場:バンタンゲームアカデミー 東京校
 (東京都目黒区中目黒2-10-17)
・費用:無料
・対象者:バンタンゲームアカデミー入学検討者、保護者、在校生
・申込方法:ウェブもしくは電話にて事前申込(応募者多数の場合は抽選)
 - ウェブ申込 申込ページ
 - 電話申込 バンタンゲームアカデミー東京校 0120-51-0505

 
「VR・MRクリエイター総合コース」の開講を記念して、特別講演会を実施。協力企業として、ダズルが「VR市場とVRゲームの開発秘話」について講演を行う。

 
【講演内容】
●VR市場とVRゲームの開発秘話について
・ダズル会社説明と登壇者挨拶
・VRの面白みや今後の可能性について
・FPSゲームの面白さ、ダズルのFPSゲームの特徴や開発秘話
・参加者によるゲーム体験
・質疑応答

 
●登壇者
・林賢太郎(ダズル チーフエンジニア)
・中山昌弥(ダズル VR開発ディレクター)

 
●関連記事
ダズル、本格VRマルチプレイFPS「Rays」第1弾プロモーションムービー公開
産学協同プロジェクト「Vantan Sports VR Supported by MIZUNO」がTGS2017に出展

 
●関連リンク
バンタンゲームアカデミー VR・MRクリエイター総合コース 紹介ページ
特別講演会 VR市場とVRゲームの開発秘話について 詳細ページ
ダズル ウェブサイト

LINEで送る
Pocket