浮遊球体ドローンディスプレイ、メガネスーパーのメガネ型ディスプレイなど最先端技術を体験レポ(その3)【DCEXPO 2017】

LINEで送る
Pocket

10月27日から10月29日まで開催された「デジタルコンテンツEXPO 2017」には、数多くのVR・AR関連のサービスや技術が多数出展していた。その中で気になるブースをピックアップしてお送りしたい。

 
 
凸版印刷株式会社

8K×3D 高臨場感コミュニケーションVR

主な素材にダンボールを使用した、組み立て式のドーム型全天周スクリーンを展示。コンテンツを視聴するときはドームの中に入り、プロジェクターで投影した映像が閲覧できる。さらにブースでは3Dメガネを使った立体視での動画上映を行っており、リアルな映像が楽しめる。ブースの説明によると、HMDを使用せずにVRコンテンツが楽しめるのが利点。さらに組み立て式なのでイベントなどに持ち運んで設置しやすいとのこと。

ドーム内の収容人数は4人から5人で、大きさは高さ2.4m、幅2.6m。現在約60万円(ドームのみ)で販売をスタートしている。

 

かまくらのようなドーム型のスクリーン

 

ドームの外側からプロジェクターを使って投影する

 

中は大人4人が座るとかなりいっぱいな感じ

 
 
ディヴァース・インク

SYMMETRY×立体音響による空間シミュレーション

CGで作成した3D空間に、VR用の360°対応マイクで集音した音声を合成して、音の聞こえ方もリアルにシミュレートするデモを展示。録音にはゼンハイザーのVR用立体音響Ambisonicマイク「AMBEO VR MIC」を使用しているとのこと。HMDを使ったデモでは、実際に360°で撮影した動画や作成したCGに「AMBEO VR MIC」で録音した音声を合成。顔の向きに合わせて音の聞こえ方がしっかりと変わっていた。

ブースでの説明では、建築や不動産といった分野で活用できるとのこと。たとえばコンサートホールなどで建築前のシミュレーションの段階で音響効果を確認できるといった具合だ。

 

デモに使われていた一般的なステレオヘッドホンだが、360°の音の聞こえ方を再現していた

 

四季の移り変わりをCGとリアルな音声で再現したデモムービーが視聴できた

 
 
大日本印刷株式会社

電子ペーパー「Prism」を使ったドレス

通電させることで色の変わる電子ペーパー「Prism」を洋服の素材として使用。電子書籍リーダーなどに使われる電子ペーパーと違い、文字や模様の書き換えはできず、特定の色に変色させるだけ。そのぶんしなやかで薄いプラスチックの板のようにまげられるほか、直線以外の加工もできるので、今回のようなドレスのほか、店内装飾や空間演出などに応用できるとのこと。

 

電子ペーパーを使った白地に模様のついたドレス

 

電源をオンにすると、青一色に変化した

 

白と黄色の部分が青色へと変色する

 
 
株式会社メガネスーパー/株式会社Enhanlabo

b.g.  〜メガネを知り尽くしたメガネスーパーにしかできないウェアラブル〜

メガネにセットして使用するウェアラブルディスプレー。セットするとメガネの下半分がディスプレーとして観られるので、移動しながら各種コンテンツを表示できる。開発にはメガネスーパーの知見が活かされており、見た目は大きめのデバイスだがかけ心地が良く、視線の切り替えだけでディスプレーの映像をしっかりと見られる工夫がなされている。

ブースではb.g.の活用方法として「文化財鑑賞の新体験」を提案。美術館や博物館などで実際に展示物をみながら、メガネに装着したb.g.のディスプレーには拡大映像や資料映像を流すことでより細かな鑑賞や解説が観られるようになっている。

 

メガネに装着された「b.g.」。重たそうに見えるが装着してみると違和感は少ない

 

説明員の解説に合わせてb.g.のディスプレーにも映像が流れ、実際の展示と合わせて鑑賞できる

 
 
株式会社NTTドコモ

浮遊球体ドローンディスプレイ

ドローンの周辺をLEDのついたフレームで鳥かごのように覆い、フレームを高速で回転させることで光の残像を利用したディスプレーとして表示できるシステム。使用中は円形のディスプレーとなるので、飛行中はどの方向からでも視認できるのポイント。またドローンにディスプレーを吊す場合と比べて、空気の流れを妨げることがないため飛行が安定することで安全に飛ばせるのも利点だ。ディスプレーとしては縦(半周)144ドット×横(全周)136ドット。現在飛行時間は数分といったとことだが、ドコモは2018年に商用利用できるように開発を進めていくとのこと。

 

八本のフレームにはLEDがビッシリと装着されている

 

フレームを回転させることでLEDの残像が映像トして表示される

 
 
(TEXT by 中山悟
 
 
DCEXPO 2017まとめはこちら
 
●関連リンク
デジタルコンテンツEXPO 2017

LINEで送る
Pocket