KDDI、日本サッカー応援に最新技術導入 スタジアムでのVR観戦や自由視点リプレイ生成など

LINEで送る
Pocket


KDDIは、サッカー日本代表を応援することを目的とした「au BLUE CHALLENGE」の一環として、12月16日に開催される「EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会」にて、スタジアムでのVR観戦を含む最新テクノロジーを駆使した「au Future Stadium」による新たなサッカー観戦体験を提供する。

 
「EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会」では、国内初の取り組みとなるサッカースタジアム観客席でVR映像と共に観戦できる「au VR Seat」、約100台のカメラで撮影した自由視点リプレイ映像「au/4DReplay」、選手のスタッツデータで表彰をする「au Stats Award」などのテクノロジーを通じて、サッカー日本代表を応援。

 

au VR Seat

スタジアム観客席の一部に「au VR Seat」を設置。VRゴーグルとスマートフォンによるVR映像で試合が観戦できる。LIVE映像、リプレイ映像、ハイライト映像を5視点からのVR映像で随時視聴可能。サッカースタジアム観客席でのVR観戦は、国内初の取り組みとなる。

 

au/4DReplay

スタジアムサイドに敷設された約100台のカメラで撮影した自由視点リプレイ映像をリアルタイムで生成。単純なリプレイやハイライトに留まらず、目の届かないさまざまな視点からの映像をサッカーのテレビ中継で楽しめる。尚、今回は男子全6試合が対象となっている。

 

au Stats Award


客観的なスタッツ(シュート、ファール、ポゼッションなど選手のプレイ内容に関する数値)データを元に試合に最も貢献したプレーヤーを選出する全く新しい表彰をauが創出。ゴールや勝敗に限らず、試合への関与・貢献度を可視化する指標で、両チームの選手が対象となる。選ばれた選手には特別なトロフィーを贈呈。「au BLUE CHALLENGE」ウェブサイトでは、スタッツデータの公開も行う。

 

さらに「au BLUE CHALLENGE」では 「全力を全力で応援するキャンペーン第4弾」として、「au VR Seat」での観戦や、エスコートキッズ参加者募集などのキャンペーンを展開。詳しくはウェブサイトにて確認して応募してほしい。

 
●関連リンク
au BLUE CHALLENGE 特設サイト
au BLUE CHALLENGE 全力を全力で応援するキャンペーン第4弾 特設ページ

LINEで送る
Pocket