PALTEK、カナダ・Haivision社の4K VR動画配信ソリューションを提供 Inter BEE 2017に出展

LINEで送る
Pocket


PALTEKは、企業向けビデオソリューションのマーケットリーダーであるカナダ・Haivisionの4K対応H.264/AVCエンコーダ装置と4K 360度カメラを使用した360度VR動画配信ソリューションの提供を開始すると発表した。

 
IDCが公表したレポートによると、世界のVR/AR関連の売上高は2021年までに毎年倍増することが見込まれ、2017年の114億ドルから2021年には2150億ドルと、年平均成長率113.2%で増加していくと試算されている。また、高い没入体験が得られる360度動画については、2015年3月にYouTubeがいち早く対応すると、同年9月にFacebookも対応を開始。撮影用の360度カメラも普及し、今後さらに360度動画の活用シーンの増加が予想される。

 
今回、PALTEKが提供する4K対応360度VR動画配信ソリューションは、Haivisionの4K対応H.264/AVCエンコーダ装置「KB-4K」と4K 360度カメラによって構成されている。4K 360度カメラで撮影した動画をエンコーダ装置で圧縮し、IPネットワーク網経由によるYouTubeライブストリーミングも可能だ。今後は、Facebookライブを含むそのほかのストリーミングサービスへの対応も予定している。

 

また同社は、11月15日~17日に幕張メッセにて開催される「InterBEE 2017」に、グループ会社であるエクスプローラとともに出展。ライブ放送に必須な高画質・低遅延を実現したパナソニックの4K 360度カメラからの映像を、Haivision Systemsのエンコーダ装置を通じてYouTubeやFacebookなどにVR動画配信を可能とするシステムを展示する。

 
4K対応360度VR動画配信ソリューションによって、ライブやオンデマンドでの360度VR動画の視聴体験を通じ、日常では味わえない臨場感を実現する新しいコンテンツ配信システムを提案していきたいとしている。

 
●Inter BEE 2017
・開催期間:11月15日~17日
・会場:幕張メッセ
 (千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)

 
●関連リンク
PALTEK ウェブサイト
Haivision ウェブサイト
Inter BEE 2017 公式サイト

LINEで送る
Pocket