B.b.designLab、ソフトウェアで瞳孔間距離調整「IPD-360VR」など発表 Inter BEE 2017出展中

LINEで送る
Pocket


B.b.designLabは、2018年1月より、VRコンテンツ「BtoB」専用VRコンテンツ配信プラットフォーム「BtoB-360VR」と、独自開発による瞳孔間キャリブレーションソフトウエア「IPD-360VR」の提供を開始する。同社によると、瞳孔間距離をソフトウェアで調整する「視差キャリブレーションソフト」は世界初のシステム。

 
「BtoB-360VR」は、拡大するVR市場に向けたVRコンテンツ専用配信プラットフォームだ。制作したVRコンテンツを登録・アップロードすることで簡単に利用できる。VRコンテンツ公開のための専用環境のため、使い勝手が良く、VR動画配信に最適化されたセキュアなシステムとなっている。

 
「IPD-360VR」は、コンテンツを視聴する際に個人差がある瞳孔間距離(IPD)の調整をソフト的に実現するものだ。VR空間内で簡単にキャリブレーションし、視聴者ごとにマッチした最適な視聴環境を提供する。

 
多くのVRゴーグルが市場に登場しているが、メーカーごとに視点距離や使用されているレンズも異なるなど製品ごとに構造上大きく異なる。また、瞳孔間距離には個人差があるため、殆どの場合、視聴者自らの目で調整を行うが、微妙な調整差によって長時間の視聴において、疲労を感じたり、VR酔いの誘発したりすることも起き得る。

 
同社のソリューションは、これら課題を解決すると共に、若年層の斜視への懸念を抑制することが期待できるなど、安心と安全の観点からも今後のVR市場に大きく貢献するとしている。尚、今回発表した「IPD-360VR」は、11月17日まで幕張メッセにて開催中の「Inter BEE 2017」にも出展しているので、興味がある方はぜひ会場でチェックしてみてほしい。

 
●Inter BEE 2017
・開催期間:11月15日~17日
・会場:幕張メッセ
 (千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
・展示エリア:ホール8 Inter BEE CREATIVE MEET-UPブース

 
●関連リンク
Inter BEE 2017 公式サイト

LINEで送る
Pocket