米HTC、VIVEトラッカーの一般予約販売開始! 銃型&ラケット型アクセサリーなども登場

LINEで送る
Pocket

米HTCは現地時間の11月16日、VIVEトラッカーおよび関連アクセサリーの一般向け予約販売を開始した。

同製品を装着可能な銃型アクセサリー「Hyper Blaster with Duck Season」や、CEDEC+KYUSHU 2017で日本初お披露目となったラケット型アクセサリー「Racket Sports Set with Virtual Sports」(レポート記事)など4製品をラインアップ。前述の2製品のVIVEトラッカー同梱版の到着は12月中旬を予定しているとのこと。

 

・銃型アクセサリー
「Hyper Blaster with Duck Season」

今年9月に配信開始となった80年代風のノスタルジーな雰囲気を楽しめるVRシューティングゲーム「Duck Season」。このゲームに登場する銃をモチーフにデザインしたアクセサリーとなっている。

VIVEトラッカーを装着することで位置トラッキングはもちろん、アクセサリー自体も銃型コントローラーとしての機能を備えている。同社では、Duck Season、Arizona Sunshine、American Dream VR、Operation Warcade、TacticalAR、Practisim VRなどのゲームで、銃およびモーションコントローラーとして機能するとしている。

また、上記6タイトルに加え、第1四半期にHyper Blasterを対応を拡充するために10のデベロッパーと協力しているとのことなので、今後対応タイトルはさらに増えそうだ。

こちらの製品は米Amazonでの独占販売。VIVEトラッカー1台およびDuck Seasonを同梱しており、価格は149.99ドル(税抜き、以下同)。

 

・ラケット型アクセサリー
「Racket Sports Set with Virtual Sports」

卓球とテニス用ラケットを模した2本セット。冒頭の通り、CEDEC+KYUSHU 2017で日本初展示されており、VIVEトラッカーの重量感も手伝って、実際にラケットを振っているような感覚でゲームをプレイできる。グリップ部分はしっかりラバー加工している。

 

 
価格は、VIVEトラッカー1台同梱版が149.99ドル。こちらにはVRスポーツゲーム「Virtual Sports」も付属する。

これにVIVE本体も加えたセットもあり、価格は748.99ドル。アクセサリーのみの販売もあり、価格は79.99ドルだ。

対応タイトルはVirtual Sportsを含めて5タイトルで、年末までにさらに6タイトルに対応させるとしている。

 

・バンド状ストラップ
「REBUFF REALITY TRACKSTRAP」

また、サードパーティーパートナーであるVRアクセサリーメーカー「Rebuff Reality」が販売しているTRACKSTRAPも同日から販売開始。面ファスナー(ベルクロ、マジックテープとも)を使用した固定バンドで、足や手首などにVIVEトラッカーを装着できる。

 

靴の上からでも固定可能。

 

面ファスナーでビリビリっと手軽に着脱できる。

価格は1個14.99ドルで、ペア(2個)だと24.99ドル。開発者向けに5ペア(10個)販売もしていて、価格は114.99ドル。販売ページはこちら。なおVIVEトラッカーは付属しない。

どのエディションにもVRダンスゲーム「Redfoot Bluefoot Dancing for Steam」のライセンスコードが付属する。

 

・VIVEトラッカー単体

今年3月に米国を始め日本でも開発者向けに販売を開始したVIVEトラッカー。その単体購入も可能になった。価格は99ドル。

HTC NIPPONに確認したところ、ラケット型アクセサリー「Racket Sports Set with Virtual Sports」については、年内に日本でも展開する予定とのこと。

 
●関連リンク
米VIVEトラッカー、アクセサリー紹介ページ

追記:11月17日16時33分、日本での販売についての文言を追記いたしました。

LINEで送る
Pocket