Facebook Spacesに釣り機能が追加! さっそく一人VR釣りをしてみた

LINEで送る
Pocket

 

20日、米OculusはソーシャルVRアプリ「Facebook Spaces」に釣りゲーム「Bait!」を対応させたことをOculus公式ブログの記事で発表した。

「Bait!」はモバイルVR用ゲームを専門とするResolution Gamesが開発しているDaydreamまたはGear VRの釣りゲームだ。モバイルVR版はコントローラの都合で3DoF(トラッキングによる位置検出不可)の操作だったが、Facebook Spacesの「Bait! ARCTiC OPEN」ではOculus Touchに合わせて6DoF(ハイエンドVRの一般的なコントロール)に変更された。

 

さっそく一人でプレイしてみた。

まずはFacebook Spacesを起動する。ツールの棚の右上に「Bait!」のアイコンがあるので、アイコンを円卓の中心へドラッグするとプレイ開始となる。「Bait!」にはチュートリアルがあるので最初のプレイではそれに従うとよい。視覚的なので英語が苦手な人でも迷うことなくプレイできそうだ。


 

机の上に釣り竿が置いてあり、中指のトリガーボタンを押し込むと竿を掴む。人差し指のトリガーをクリックすると釣り糸を垂らす。円卓の真ん中の釣り穴に釣り糸を垂らしていると、魚が餌に喰いついて竿がしなるので、人差し指のトリガーを再びクリックして竿を緩める。

竿がまっすぐになったらまたクリックして竿を張って魚を引っ張る。以上の動作を繰り返すと魚が釣り上がるので、竿を持っていない手で魚を掴むとリザルトとなる。後はリリースするなり鑑賞するなり好きにしよう。実績やスコアアタックモードも搭載されている。


 

元々がモバイルVRのコントローラを前提にした操作性なので、ほとんどの操作が人差し指のトリガーのクリックのみで完結したカジュアルな作りとなっている。また、Facebooks Spacesの背景を「Bait!」オリジナルの北極風のVR空間に変更可能だ。


 

Oculus Touchを持っているFacebookの友人がいればマルチプレイも可能なので、環境が整っている人はぜひ試してほしい。ちなみに、Facebook Spacesはサードパーティーのサービスを結合していく予定だと思わせる記述がOculus公式ブログにあるので、今後のサービス拡充に期待したい。

 
 
(TEXT by ぱソんこ

 
 
●関連記事
Oculus Touch専用「Facebook Spaces Beta」速攻レビュー(前編) おひとり様で楽しんでみた
Oculus Touch専用「Facebook Spaces Beta」レビュー(後編) VR空間で打ち合わせしてみた
 
●関連リンク
Go Ice Fishing with Friends this Holiday Season—‘Bait! Arctic Open’ Now Live in Facebook Spaces!(Oculus公式ブログ)
Facebook Spaces Beta | Oculus
Facebooks Spaces(公式サイト)
Resolution Games

LINEで送る
Pocket